1. まとめトップ

【制汗スプレーで湿疹&かぶれが…】敏感肌の体臭対策はこのコスメを使うべし!

【敏感肌の方、湿疹持ちの方必見】制汗スプレーやデオドラントスプレーでかぶれて湿疹が出来てしまった筆者が見つけたナイスなオーガニックコスメの話。

更新日: 2015年01月04日

9 お気に入り 19314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mmmiii20さん

"制汗スプレー使うと湿疹が出てきて…皮膚科に行って薬もらってこないとダメかな…?"

"冬の汗は老廃物が溜まっているから夏に比べてベトベトしてて臭いのに、気触れたせいでデオドラントスプレーが使えないなんて・・・"

汗をかく時期はベトベトと痒みのダブルパンチでとっても辛い…こんな経験ありませんか?
痒みは敏感肌から来るものもあれば、あせもから湿疹へと悪化してしまうケースまで様々です。

かといって長年使ってきたデオドラントスプレーを突然やめることになったら、ニオイ対策は一体どうしたら良いのでしょうか?

脇汗の臭いが気になるので色々なデオドラントを試しました。
国内ドラッグで売っている商品で試してないものはないといってもいいくらいです。…(中略)…いずれも皮膚炎に悩まされたため使用を中止しました。

辛いですよね、皮膚炎。

2014年の夏、突然痒みを感じるように。

こちらの方もお肌に合わなかったようです。

市販の制汗スプレーには防腐剤や乳化剤などの化学薬品がたくさん含まれています。

近くのドラッグストアで安価で手軽に購入できるデオドラントスプレーはとても便利ですよね。

今までは問題なく使っていた人も、体調や体質の変化によって突然合わなくなることもあるかも。
筆者もその中の1人です。

主な構成要素は、制汗剤と殺菌剤と消臭剤。汗の分泌を調整し、そこで発生する菌を殺し、匂いを消すんですね。ほとんどの製品はこの三要素から成り立っています。

まずは、制汗剤によく含まれるのが、塩化アルミニウム。殺菌剤では、イソプロピルメチルフェノール。消臭剤では、酸化亜鉛など。

特に、イソプロピルメチルフェノールは化粧品や整髪料にも含まれていることもあるので、女性ならご存知かもしれません。
抗酸化性もありますが、発がん性やアレルギーを起こす原因とも指摘されています。皮膚炎やアレルギーという点では、ジブチルヒドロキシトルエンも注意したいです。皮膚炎だけでなく、変異原性や発がん性があるとも言われています。

化粧品が合わなくてかぶれたこと・・・特に口紅や化粧水など粘膜に近い部分に使用するものに関しては、つけた部分がかぶれたりした経験が1度くらいはあると思います。

特に敏感肌という訳でもないのに、どの制汗スプレーを使っても湿疹が出てしまう…。 そんな筆者が見つけたアイテムはコレ!

"lavera(ラヴェーラ)アロマエチケットスプレー"

ワイルドローズ、ライムセンセーション、ココナッツドリーム、ハニーモーメント、オレンジフィーリング、ラベンダーシークレットの6種類の香りがあります。

筆者が愛用しているのはラベンダーシークレット。

制汗スプレーを止めてこれを使い始めてから、今までワキ周辺に出来ていたポツポツとした湿疹が治まりました。今まで悩まされていた痒い&痛い生活から解放されました。
良い香りのする水(?)といった感じで、若干アルコールの香りがありますが、気になるほどではありません。
冬場も夏場もオールシーズンこれ1本でニオイ対策は心配ありません。
服についても変色しないところも良いと思います。

朝起きてシャワー後にシュッシュ。
汗は抑えませんが、汗の臭いはちゃんと抑えてくれました。

制汗スプレーのように汗を抑えるパウダーや冷却成分が配合されている訳ではありませんが、オーガニックの香りで一日中癒してくれます。

香りの持続性はあまり感じないけど、
何より自然派で脇のお手入れ直後にも安心して使えるのがよいです

筆者の場合、冬場は左右ワキに1プッシュずつを朝1回。夏場はバックに入れて持ち歩いて、汗をかいたかもしれないな、と思った時にコッソリ1プッシュずつ使っています。

オーガニックで安心ながら、しっかりエチケット効果発揮で毎日使っています。

オーガニックコスメは肌に優しいということがわかりました。

ワイルドローズ(画像大)、オレンジフィーリング、ライムセンセーション、ハニーモーメント、ココナッツドリーム、ラベンダーシークレット(時計回り)の6種類の香りがあります。

ちなみに私の好きな香りはラベンダー→ローズ→ハニー→オレンジ→ライム→ココナツの順。
渋谷ヒカリエの中のアメリカンファーマシーにて購入しています。
他にも、オーガニック系のボディケアコスメを置いてある店ならきっと見つかるはず!

ワキは非常に敏感な部分。デリケートゾーンに使う商品は、厳選したものを選びたいですよね。

1