1. まとめトップ

【鎌倉の宿】オシャレで格安!ここは泊まってみたい! ゲストハウス&ドミトリー 8選

とある鎌倉のゲストハウスに泊まってみたら、セカセカせず、とっても居心地良い二日間を過ごすことが出来ました。個性あるドミトリーが鎌倉には沢山あるので、是非参考にしてみて下さい。

更新日: 2015年01月11日

38 お気に入り 78323 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KoroKKeさん

とある鎌倉のゲストハウスに泊まってみたら、セカセカせず、とっても居心地良い二日間を過ごすことが出来ました。個性あるドミトリーが鎌倉には沢山あるので、是非参考にしてみて下さい。

① B&B KUMAKARA

コンセプト:
「風情のある鎌倉で、自分のお家のようにくつろいで頂けたら・・・」どこへ行くにも、何かをしようとするにも心から丁寧に近場のスポットを教えてくれる運営社さんがいらっしゃいます。(HPより)

水回りが綺麗だと居心地いいですよね。

綺麗なお風呂があります。筆者が泊まったときはバスクリンも人数分用意してありました。ゆったり入れるお風呂があるゲストハウスっていいですよね。

可愛いクマがお休みしています。

庭に面した洋室でとびきりの朝食。ゆったり気分で朝食に1時間近くもかけたのははじめてかも。穏やかな鎌倉時間が流れるくまからさんはこれから私たちの常宿になりそうです(^^)

先述しましたが、筆者も泊まりました。
運営者さんはとっても優しい方です。空間も綺麗で、野菜ソムリエの資格を持たれ運営者さんの朝食は美味しかったです。観光スポットから少し離れた「くまから」ではまったりした時間を過ごす事が出来ますよ。

② Villa Sacra

コンセプト:
深呼吸とするという贅沢。和のテイストですが、いわゆる侘び寂びの世界ではなく、外国から見た和のイメージ、艶と彩りのある和、凛としたというよりはワクワクするような、なおかつ懐かしい昭和の薫りも満載の楽しい宿。4人の気鋭アーティストにも参加していただき、国内では珍しいアーティストホテルという出で立ち。(HPより)

タタミの乗ったクイーンサイズのベッド1台、紙のランプシェイド、2つの白い籐椅子、白くて小さい丸テーブル。消しゴムはんこ作家・津久井智子により、漆喰と金の壁紙に押印された鶴たちの飛翔が見事なコントラストをみせています。明るく清潔な印象を与える広がりのある角部屋。

天蓋付きのクイーンサイズ・ベッド1台とSFっぽい外見のひとり掛けソファ、押し入れを改造した広くて落ち着けるライティングデスク、などが設えられた室内。壁には、日本画家・石田紫織による鳳凰と花々の豪華絢爛な壁画が描かれています。

あえて、そのまま従来のつくりを残した和室です。六畳間ですが、時折展示物が替わるギャラリーとしての床の間や出窓風のスペースなどもあり、広く感じられます。古いまま使われ続けて来た美しい建具は必見です。

二階は、「虹の間」一部屋のみ。あえて、古民家の従来のつくりをそのまま残したのだそうで、建具が素晴らしく、部屋に差し込む光までがデザインされているようで、感動しました。

I was very happy with my choice. It was a bit hard to find Villa Sacra but once there, everyone was super friendly and helpful, and spoke very good English. I would stay there again.

たまたま鎌倉散歩した時に看板を見つけたのですが・・こんな空間になっているとは外観からは創造もつきませんでした。少し値段は他のゲストハウスに比べるとお高目ですが、ここは行ってみたい。

③ 鎌倉ゲストハウス

コンセプト:
ここでしか流れない時間。大きな囲炉裏と、家を守る大きな柱が10本。宮大工さんが家族のためにと造られた釘を使わないあたたかな木のおうち。畳のにおい。陽だまり縁側。オレンジ灯り。職人手作り藍色布団。地下につながる隠れ家BAR。(HPより)

風通しがよく 日当たり抜群。
職人手作りの和布団は、毎日干してるからふかふか

open:17:00-23:00
close:Mon,2nd 4th Tue

気さくなスタッフさんと昔ながらの日本家屋は「ただいま~」とつい言ってしまうほど落ち着きました(^_^)

元料亭だったこの宿、自炊できます!
なんと言っても大きな囲炉裏を囲める醍醐味があります。囲炉裏は10月〜3月までとなっているそうなので、冬場はとってもまったりできそうですね。
夏場は自転車レンタルがあるので、風を感じながら鎌倉へも海へも行けます。

1 2 3