1. まとめトップ

ダイエットにもオススメ!食べ過ぎを防ぐ方法

食べ過ぎは良くないと分かっていても、ついついしてしまうものです。そんな食べ過ぎを防ぐ方法をご紹介します。

更新日: 2015年01月04日

10 お気に入り 6019 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kinokojpさん

料理ってついつい食べ過ぎてしまいますよね

お昼ご飯お腹いっぱい食べちゃった 正月休み食べすぎ

お昼。ここのところ食べ過ぎ。体重計に乗るのがこわい ( ̄ω ̄;)

食べ過ぎは健康に悪い!

食べ過ぎは血液を汚す原因になります。

毒素がたっぷりの汚れた血液が全身を巡るのですから、頭痛、倦怠感、肩こりなどの不快な症状が出てきます。

食べ過ぎてしまうと、血液中に老廃物が溜まり、それにウィルスがつきやすくなって風邪を引くという説があります。

食べ過ぎを防止する方法

▼良く噛んで食べる

ゆっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎを防ぎ、肥満防止につながります。

よく噛まずに早く食べると、満腹中枢が働く前に食べ過ぎてしまい、その結果太ります。
よく噛むことこそダイエットの基本です。

▼ガムを噛む

お腹が空いていなくても何か口に入れたい、という過食症気味の人にもオススメです。

間食を抑えるには手軽に摂取できるガムがお勧めです。
ガムはカロリーも低く、どんなにたくさん摂取してもなかなか太ることはありません。

小腹がすいた時に、おやつをつまむのではなくガムを噛んでみる…それだけで空腹感が納まり余計なカロリー摂取行動を回避できます。

ガムを噛んでからだと、食事量を減らしたとしても不思議と空虚感・物足りなさが、結構軽減されるのです。

▼利き手と逆の手で食べる

食欲調整ホルモンを保つには、時間をかけて食事すること。

満腹感と言うのは、食事を食べ始めてから感じるのに約20分ほどかかります。
ですから、早食いの方がついつい食べ過ぎてしまうのは当然のことなのです。

利き手と逆の手を使うと脳が活性化されるという話も聞いたことがあります。
また、意志力もアップするともいわれているそうです。

1 2