1. まとめトップ

【ボクシング】日本人では誰が一番強いの??現役国内最強ボクサーTOP10

現在日本ボクシングの最盛期とも言われ、数多くの世界チャンピオンが存在します。ですが、上手なマッチメイクで微妙な相手を選んでチャンピオンに輝いたボクサーも存在します。では日本人では誰が最強なのか?日本人限定”パウンド・フォー・パウンド”を調べてみました。

更新日: 2016年01月13日

24 お気に入り 2152196 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

marumokimoさん

現在(2016.1.13)日本人現役世界チャンピオンは8人存在します。

ミニマム級(47.61kg/105lb)
WBO 田中恒成

ライトフライ級(48.99kg/108lb)
WBA 田口良一
WBC 木村悠

フライ級(50.80kg/112lb)
WBA 井岡一翔

スーパーフライ級(52.16kg/115lb)
WBA 河野公平
WBO 井上尚弥

バンタム級(53.52kg/118lb)
WBC 山中慎介

スーパーフェザー級(58.97kg/130lb)
WBA 内山高志

しかし、ベルトの価値が低下した現在、世界チャンピオンって本当に強いのだろうか?一杯いるし…

日本人初で唯一の三階級制覇チャンピオンである亀田興毅選手ですが、世間の評価は決して高くなく、強敵から逃げ続けるマッチメイクから下記の様に皮肉を込めて呼ばれてます。

では一体誰が一番強いのか??国内トップ10を調べてみました!!

2016.1.13現在の国内パウンド・フォー・パウンドランキングTOP10(BoxRec)

10位 柴田明雄

1981年11月19日生まれ 神奈川県出身
36戦 27勝 (13KO) 8敗 1分
スーパーウェルター級 - ミドル級

村田に粉砕されたイメージが強く残っている。
この階級では長身でスピードがあるがあくまでも国内の話。
石田の様に世界を驚かせることが出来るか!?

9位 小原佳太

何と言っても激戦区のスーパーライト級で
敵地アメリカで世界ランカー相手にほぼ勝ちと言っていい内容で引き分けたことが大きい。
本場の関係者・ファンに実力をアピール出来た為、中量級で最も世界に近い日本人となった。

8位 和氣慎吾

1987年7月21日生まれ 岡山県
25戦 19勝 (11KO) 4敗 2分
スーパーバンダム級

次が世界戦と噂される。
岩佐、赤穂、大森と期待された選手が惨敗した
悪い流れを止めて欲しい。

7位 村田諒太

1986年1月12日生まれ 奈良県出身
8戦 8勝 (5KO) 無敗
ミドル級

何といってもオリンピック金メダルリスト。しかもミドル級で。
スタイルはドイツ系ボクサーの様に基本攻防分離タイプ。
強靭なフィジカルを生かし、鉄壁ガードで相手の攻撃を遮断し、重いパンチで攻撃する。
今のミドル級だと、コットなら体力差で勝ちそうだが、他は厳しいかも。
特にゴロフキン相手だと、ガードの隙間からパンチをねじ込まれてKOされそう…

6位 木村悠

1 2 3