1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

商売の神様えべっさん 正月より盛り上がる「十日えびす」が始まった!

西日本を中心に毎年異様な盛り上がりを見せる「十日戎(えびす)」が1月9日~11日にかけて開催されます。七福神の一人でもあるエビス様に商売繁盛を祈願するお祭りですが、関西ではお正月以上の盛り上がりを見せる一大イベントです。有名神社を中心にまとめます。

更新日: 2016年01月10日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 210189 view
お気に入り追加

「十日えびす」…えびす神に商売繁盛を願う3日間のお祭り

蛭子、蝦夷、恵比須、恵美須、とも

七福神の一神

一般的には「漁業神」「五穀豊穣の神」「福の神」として信仰される


福々とした笑顔でお金持ち
関西では絶大な人気を誇る最強?の神様

関西を中心に行われている祭事で商売繁盛・家内安全・交通安全を願い年初めの『縁起物』(福笹・熊手)を求め、多くの人が参拝する

「戎(恵比寿)」様は、「七福神」の中の一人で、釣り竿と鯛を両手に持ってほほえんでいる神様です。遠くの海からやってきて人々をしあわせにする神様だといわれ、漁業の神、商売繁盛の神、福の神

えびすさん自体もえびすビールがあるくらいだから全国的に有名なのだが、1月10日の十日戎はなぜか関西が中心

笹にえびす様のおふだをはじめ、鯛や小判などの福々しい飾り(吉兆)を付けた縁起物

◆西宮神社 (兵庫県西宮市)
◆今宮戎神社 (大阪市)
◆京都ゑびす神社 (京都市)

◆西宮神社 (兵庫県西宮市)

阪神本線「西宮駅」えびす口より徒歩5分
JR神戸線「さくら夙川駅」より徒歩8分
阪急神戸線「夙川駅」より徒歩15分

公式サイト:
http://nishinomiya-ebisu.com/ebisu/index.html#top

全国に三千社あるえびす神を祭る神社の総本山。毎年1月10日に行われる「福男選び(十日戎開門神事福男選び)」 が開催される神社としても知られています

西宮神社の十日えびすは毎年百万人を超える参拝客が福を求めて訪れる全国区のイベント

胴体に賽銭(さいせん)を張り付けると「お金が身につく」とされる

期間中、阪急バスは近くの札場筋交番横に臨時のバス停を設け、阪急西宮北口駅とJR西宮駅とを結ぶ臨時バスを運行する。
交通規制に関する問い合わせは西宮署((電)0798・33・0110)

1月10日の早朝ダッシュ「開門神事福男選び」

午前6時を期して表大門(おもてだいもん)が開かれ、外で待っていた参拝者は、一番福を目指して230m離れた本殿へ「走り参り」をします

本殿に辿り着いた先着3番までに「福男」の称号が与えられ、その年の「福」を、その身に集めることができる

◆今宮戎神社 (大阪市)

地下鉄御堂筋線「大国町駅」徒歩5分
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」徒歩5分
南海高野線「今宮戎駅」降りてすぐ
阪堺線「恵美須町駅」徒歩5分
JR「新今宮駅」徒歩10分

祭神は天照皇大神、事代主神、素盞鳴命、月読尊、稚日女尊。このうち事代主神が商売繁盛の神様「えべっさん」として知られています

江戸時代、大阪が経済発展したころから商売の神様として信仰を集め、新年の伝統行事「十日戎」には、毎年、多くの人たちが訪れます

1月9日は宵戎、10日は本戎、11日は残り戎と呼ばれ、3昼夜にわたり福笹の授与が行われる。行事中の境内は、福笹を手にし、福娘に縁起物を結んでもらう参拝者でにぎわう

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!