1. まとめトップ

2017年に大震災再び!? 11月7日までに巨大地震発生の可能性大!?

南海トラフ地震、北海道沖地震、富士山の噴火…多くの科学者・超能力者によって予言されたその恐ろしい内容とは。。。

更新日: 2017年10月20日

380 お気に入り 9521505 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

※このまとめの内容はあくまで『予言』です。

毎年お馴染みの『大地震』『地球滅亡』等の予言

予言通りなら1999年以降毎年地球は滅亡していますwww

もちろん2017年も予言は目白押しです!!

滅亡しすぎて生きている暇がないぜ!!

さて、今年も数々の危機を搔い潜って2017年を走り抜けることは出来るのでしょうか!?

【緊急情報】環太平洋・時計回りの法則がガチすぎる!!

環太平洋造山帯

先月のメキシコ地震を皮切りに、環太平洋造山帯上で巨大地震が連鎖するという予測が発表されました!!

リング・オブ・ファイア上を時計回りに大地震が連鎖することは、民間の地震研究者たちの間ではよく知られている。これを「バヌアツの法則」や「ニュージーランドの法則」と呼ぶ人もいる。

どうやら連鎖は事実のようです。。。

より包括的に見て、リング・オブ・ファイア上を大地震が時計回りに連鎖する法則を「環太平洋・時計回りの法則」と呼ぶ

メキシコ→ニュージーランド→バヌアツと巨大地震が連続発生!!

先月19日午後1時14分(日本時間20日午前3時14分)、メキシコ中部プエブラ州でM7.1の地震が発生し、200人以上の死亡が確認されている。メキシコでは先月7日にもM8.2の巨大地震(チアパス地震)が起きたばかり

なんと、この地震発生から翌日にかけてニュージーランド(19日、M6.1)、バヌアツ諸島(21日、M6.4)……と、M6以上の地震が環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)上で時計回りに連続しており、今後はその西端にあたる日本周辺でも大地震の発生が予想される

冬の日本に巨大地震・・・大震災再び!?

11月7日までは要注意!!

通常、メキシコで地震が起きて(9月7日)から約2カ月以内に日本でも大地震が起きるケースが多いようだ(つまり11月7日まで)

多少の前後は考えられるので、11月7日以降も注意は必要かも!?

↓↓その他、滅亡予言あれこれ↓↓

①多くの研究者が予言!侮れない東日本大震災の余震

一度で終わらないのが地震の怖いところ。

東日本大震災の場合、これまでに発生している余震の回数が規模の割に少なすぎる

東日本大震災クラスになると100年は余震が続いてもおかしくないそうです。

東日本大震災クラスか、近いレベルの余震が近いうちに発生するのではないか…。
研究者の間ではそう警戒されている

あのレベルが再び・・・だと!?

ブリティッシュコロンビア大学のデヴィット・タカヨシ・スズキ名誉教授は、2017年の9月までの間にM7以上の余震があると予想。

もしものために備えておきましょう。

②「確実にくる」と言われている南海トラフ地震

間違いなく起こると言われていますね。

南海トラフ地震が2017年に起こると予言している人がいます。それはアメリカのサイキック、ジョセフ・ティテル氏です。

ジョセフ氏は2017年3月までに高知の辺りでM9クラスの地震が発生すると予言。

高知の辺りということはつまり、南海トラフ地震と思われます。

科学的な見方としても2017年は危険だそうです。南海トラフ地震の過去の発生時期や周辺火山の活動の様子などを総合すると、直近では2017年2月までに起こる可能性が高いのだとか。

科学的見解と予言の時期が一致しているというのも怖いですね。

1 2