1. まとめトップ

近代技術と異世界の戦闘・交流「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」

自衛隊がもし異世界に行ったならば?近代技術とファンタジー世界の交流を描く作品「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」がメディアミックス展開を進めているのでその特集。

更新日: 2017年03月07日

9 お気に入り 13145 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり とは

『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(ゲート じえいたい かのちにて、かくたたかえり)は、柳内たくみのファンタジー小説。
2011年7月より、アルファポリスwebサイト上にて竿尾悟の作画によるコミカライズ版がwebコミック形式で連載されている。

現代の自衛隊と、中世ヨーロッパ風の異世界との奇妙な融合、交流が肝のおもしろい作品です。
ただただ近代兵器無双するのでなく、人間ドラマが楽しめる作品です。

エルフや魔法使いも仲間になり楽しいストーリーです。

公開メディア

月1更新でゆるりとではありますが、このおもしろい作品が、毎度無料で読めるのはでかいです。
※旧作は公開中止になってしまいますので、過去分はコミックスでしか読めませんが。

画像・映像

異世界とつながる門が開き、そこからゴブリン・オークといったモンスターや、ワイバーンに乗った騎士などが襲来。日本と特地と呼ばれる異世界との戦端が開かれることになります。

近代兵器の軍隊が異世界に行った、というシチュエーションならではの、近代兵器を使ってドラゴンと戦う方法を考えたり。

ファンタジーならではの猫耳娘が現れたり。

もちろんファンタジーの定番、かわいらしいエルフ娘も登場します。

ダークエルフも

中世風の異世界で無双する自衛隊のすごさが際立っています。
よくあるタイムスリップもののように、接戦になることもなく、こと軍事力だけに関して言えば、日本国の圧勝の形が築かれている珍しい作品です。

動画

1