未完成の「13」段のピラミッドと三角形の中に目が描かれています。この目は『プロビデンスの目』と呼ばれ、全知全能の神を表しています。古代エジプトで目のアクセサリーを魔除けに使っていたことが起源だと言われています。また、数々の秘密結社のシンボルに用いられており、フリーメイソンでもシンボルに使っています。

ピラミッドの上に書かれている「13」文字のラテン語"ANNUIT COEPTIS"は「神は我々の企てを支持した」という意味です。下に書かれているラテン語"NOVUS ORDO SECLORUM"は英語で"NEW WORLD ORDER"、『新世界秩序』という意味です。

プロビデンスの目をひとつの頂点とした六芒星を描くと、各頂点がM・A・S・O・Nを指すことから、アメリカ紙幣をフリーメイソンが支配しているのではないかと噂されています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

アメリカ建国から続く紙幣の『ピラミッドに目』

様々な都市伝説や陰謀説が噂されるアメリカの1ドル紙幣。『ピラミッドに目』というマークが有名ですが、これは現代に始まったものではなく、アメリカ建国の昔から続いていたもののようです。

このまとめを見る