1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

結晶の変化で天気を予測!?「ストームグラス」が美しく幻想的!

19世紀ごろに天気を予測するために使われたと言われている「ストームグラス」。現在ではあまり実用的なものではありませんが、インテリアとして楽しまれています。プレゼントにもよさそうです!

更新日: 2016年10月20日

1279 お気に入り 270153 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

ストームグラスの美しさに「欲しい!」との声が

ストームグラス欲しいですね。おしゃれですね。いいですね!!!

ストームグラスとやらがとっても欲しいんですよ…部屋に置きたいいい pic.twitter.com/GllldzG6Jt

ストームグラス!きれい(((o(*゚▽゚*)o)))おかか、おしゃれやなぁ(((o(*゚▽゚*)o))) pic.twitter.com/3K8L1RNgEL

ストームグラスとは

ストームグラス、天気管(気象管)は19世紀頃、ヨーロッパの航海士や漁師が船中で使用していた天候予測器です。

ジュール・ヴェルヌの小説『海底二万マイル』に出てくるノーチラス号の中にも設置されています。

複数の化学薬品をアルコールに溶かしてガラス管に詰めたもので、溶液や沈殿の状態によって近未来の天気が分かる、とされる。

天気によって結晶のでき方が変わり、シダ状の結晶になったり、白く濁ったり、大小の結晶になったりと様々です。結晶と天気との関係ははっきりと解明されていませんが、大気の温度や湿度、気圧、大気電気学的影響が関係していると考えられています。

21世紀の現在においては現実的な天気予報とは言えませんが、季節や環境の変化に応じて様々な表情を生み出す美しいオブジェとしてお愉しみいただけます。

皆さん結晶の変化を楽しんでいるようです

朝撮ったストームグラス。羽根みたいな結晶がぼわーっとある感じ。見る度にちょっとずつ変わってて綺麗。(∗•ω•∗) pic.twitter.com/j0C9V1dYCq

お正月家を空けて、帰宅したらストームグラスの結晶が面白い形になってました!かなり大きくて綺麗です! ちなみにこちらはcreemaさんで購入できます☆ creema.jp/exhibits/show/… #ストームグラス pic.twitter.com/6jLUoBpLJc

実際に変化していく様子はこちらの動画で

実際に楽しんでいる人の感想

冬に変化が多いと読んだ通り、最近は結晶がたくさんできていて、毎日少しずつ様子も違うので楽しんで見ています。

肉眼で見ると、雪の結晶のように繊細でキラキラしていて、羽根のような模様がちらばっていたりとか、もう本当に美しくてうっとりします。

美しい結晶ができた日は、なんだか得した気分になり、季節や毎日の天気の移り変わりが楽しくなるストームグラスですね。

1 2