1. まとめトップ

包茎手術はした方がいい?しない方がいい?

包茎で恥ずかしい…と悩んでいる男性は多く、ネット上には多くの包茎手術に関する情報が溢れています。でも包茎って本当に手術したほうがいいんでしょうか?包茎手術を考えている男性はクリニックに行く前に一度読んでみてください。

更新日: 2017年02月08日

1 お気に入り 35394 view
お気に入り追加

そもそも包茎とは?

勃起時ではなく、通常時に亀頭が陰茎部を包む皮膚(包皮)に覆われている状態のことを包茎と言います。

何らかの原因で大人になっても包皮が亀頭を覆ったままの状態になることがあります。これが「包茎」です。

包茎=手術するべき?

非勃起時に亀頭が包皮に覆われていても、勃起時に露出が容易であれば、医学上、手術は必要ないのです。

あまり知られていませんが、本当に手術が必要な包茎というのは意外に少ないのです。

手術した方がいい場合は?

女性はどう思っているのか…

大多数の女性がニオイについては気にならないようです。

実際に手術を受けた人の口コミ

私は勃起時でも亀頭が自然に露出しないくらいの仮性包茎でしたが、まっとうな病院で
環状切開法を受けて、勃起時には露出する状態になりました。

傷跡も最初の説明通り一年ぐらいは少しふくれた状態でしたが、時とともに平らになりました。
最終的には一本の線みたいになると言ってましたが、今ではどこに線があるのか探すのが難しいぐらいキレイに治りました。

術後約4週間が経ちました。
傷口は完全にふさがりましたが、輪ゴムで軽く縛ってる様な痕が残ってます。

包茎手術は保険適用外?

真性包茎を治療するための包茎手術を、泌尿器科で受けられる場合のみ保険の適用対象となります。

端的に言えば仮性包茎の手術は保険適用外ということです。

1





misty_mountainsさん

中つ国に移住しました。