1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

歩トレーニング中に、チーズとヨーグルトの乳製品を摂取すると、高齢女性の下肢筋力向上を促進し、体内の炎

高齢化社会では、姿勢の保持や移動がままならなくなる老化現象に悩む人が急増しています。ここで重要になる骨や筋肉の老化は、心臓・血管・脳などの老化と同じで、40代からゆっくりと進行していくことが分かっています。前回の「骨」に続き、今回は「筋肉」のアンチエイジングの重要性とその方法を解説します。

脳の中で運動を司る運動野と感覚を司る感覚野は、神経を介して筋肉と密接に結びついており、筋肉を動かすためには対応する運動野の脳神経が興奮する仕組みとなっています。逆に、脳神経が興奮するとその刺激が神経を通って筋肉に届き、初めて筋肉が動きます。

 すなわち、脳がしたいことを表現しているのが筋肉ですので、脳と筋肉を切り離して捉えることはできません。

タンパク質を摂り入れるに当たり、目安量があります。計算式を載せておきます。

タンパク質の摂取目安量(g)=自分の体重(kg)×1~1.5g

 体重60kgの人であれば1日70g程度のタンパクの摂取が必要です。これは、ロース肉だと360g、鳥のササミ肉だと約300g、マグロ赤身だと265g、イワシでは350gに相当します。

 また、骨の健康にも役立つビタミンDは筋肉の増強にも関わっていることが分かってきました。魚介、卵、きのこ類を食べるよう心掛けましょう。

少しの運動で 効果を上げるには 筋肉をつけること 筋肉が太いほど
そして、太い筋肉が動くほど 基礎代謝が増えます。
脂肪が消費しブヨブヨお腹が引き締まりますね。

もっと太い筋肉は・・太ももですよね。
ここを動かす運動がスクワットです。

ぐうたらな貴方には、スクワットを最優先でやるべきです。

有酸素運動の定番 ウォーキングとジョギングをするのは 外は寒いし、ちょっと恥ずかしいということで
寝正月やぐうたらで、すっかり閉じこもりがちな人も多いと思います。

ぐうたらな方には、頑張らない ボディビルが一番です。

・・? ボディビルはね 体作りですよね。
目指す体は スマートでも ムキムキマッチョでも思いのままですがそのための
最優先のポイントは
栄養バランスの良い食事で体力をつけます。
鍛えたい体の部分を、力いっぱい、7秒程入れ続けます。(7秒は、力入れ続けれる限界?)
疲れたら休みます。筋トレで大切なことは毎日やらないこと!

1