1. まとめトップ

なぜ『はじめの一歩は電子化されない』のか

ついにこの時が来ましたか…ジャンプに引き続きマガジンも本気モードへ…。でもね、電子化しない理由の森川先生と浦沢先生のコメント…いいんですこれが…。

更新日: 2015年01月07日

2 お気に入り 95883 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

→講談社が本気モード

講談社は1月5日、同社のすべてのコミック誌を順次電子化し、紙の雑誌と同時配信すると発表した。

5日に「ヤングマガジン」、6日に「月刊少年マガジン」、7日に「週刊少年マガジン」を電子化して配信する。

マジか…。

3誌の電子化を記念した特設サイトでは、最新号の1つ前の号をそれぞれ無料公開するほか、「みなみけ」「四月は君の嘘」「FAIRY TAIL」「ベイビーステップ」など、各連載作品の第1話をまとめた無料試し読みも計1000ページ超配信する。

配信される電子書籍版を楽しむのはもちろん、今だけ無料で配信されているものもあるので、はやめにダウンロードしておくことをおすすめします

(゚д゚)!このニュースにざわつく…。

電子書籍でボンボン復刻版出して欲しい 講談社、マンガ雑誌をすべて電子書籍化へ……「少年マガジン」など紙と電子版を同時配信 | RBB TODAY smar.ws/kne1B #SmartNews

講談社の漫画雑誌の電子書籍配信、紙と同じ値段っていうのが今ひとつ勝負に出ていない感じ。せめて50円でも安くするか、数誌まとめて月額パック料金にするかすればいいのに

講談社、マガジン系は、独自のアプリ・形式ではなく既存の電子書籍媒体を読者に選ばせる方式という見方でいいのだろうか。マガジンの特設ページ開いたらずららっと電子書籍フォーマットが出てきたけど、あの中から選ぶことをめんどくさく感じる層を丸ごと逃す可能性は無いのかな。

→しかも6月までには全コミック雑誌が電子書籍化される!

スマートフォンやタブレットが急速に普及するなかにおいて、読者がライフスタイルに合った方法でコミック誌に接することができる環境を電子化によってととのえる

「より多くの人に読んでもらうためには必須」と6月までに同社の22誌すべてで踏み切る。

→しかし、注意も必要

※週刊少年マガジン電子版には『はじめの一歩』は掲載されておりません。ご了承ください。

公式サイトに掲載されている。

(゚д゚)!この事実に、さらにざわついていた…。

マガジン電子書籍版、はじめの一歩なしか・・・

RT>はじめの一歩が電子書籍版マガジンに未掲載と聞いたときは、紙と電子の差別化によるものかと思ったけど、作者の意向によるものだったのか。 残念ではあるけれど、まだ未成熟な分野だし、大御所作家が異を唱えることで良い方向に話し合いがされれば良いなぁ。

電子書籍版マガジンにははじめの一歩載らないのか。ちょっと残念。 電子書籍否定派の作家は多いのかなあ。

はじめの一歩が週刊マガジン電子書籍化のはじめの一歩を踏み出していない。

うまいこと言うなぁ…。

少年マガジンが電子化されたらしいけど、はじめの一歩だけは掲載されてないのか。これ、電子書籍のサポート窓口はしばらく地獄だな。

そうは言いながらも買いに行かなくていいし捨てなくていいから電子書籍版を買うよなぁ。 つまりもうはじめの一歩は読まなくなるということ。 読まれないマンガは存在しないのと一緒。さようなら森川先生。

…この件についてはじめの一歩作者森川先生のコメントが泣ける…。

1 2