1. まとめトップ

ベネッセの個人情報漏洩問題 既に500円をもらった人でも集団訴訟に参加できるの?

約3504万件(約4858万人分)の個人情報が名簿業者に売却され自害を受けている方もいるベネッセの個人情報漏洩問題。集団訴訟という話題もありますが、気になるのはもう既に500円券をもらっている人も集団訴訟に参加できるのでしょうか?

更新日: 2015年01月06日

0 お気に入り 5669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hasappiさん

被害者の会結成など集団訴訟へ

通信教育大手ベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件で、東京都内の弁護士12人が3日、「被害者の会」を結成

今までにない規模になりそう

「おわびの品」として1件当たり500円分の金券を提供中だが、「誠意が感じられない」「子どもの情報が漏れたのに金額が安すぎる」などと納得していない被害者が多く、同種訴訟としては異例の規模に拡大する勢いだ。

いくらぐらい請求するの?

過去の個人情報流出事件の裁判では、5000円から数万円の損害賠償が認められたケースもある。今回の裁判でも、情報流出について1万円から10万円程度の請求額を想定

子供は10万円、大人は5万円

本訴訟においては、損害賠償として当初15,000円を請求し、訴訟の進行状況を見ながら請求の拡張を検討いたします。

弁護士費用とかお高いんでしょ?

今回は弁護士の着手金はとらない方針だという。裁判の結果、ベネッセが賠償金を支払った場合に、そこから弁護士費用を捻出する形だ。つまり、弁護士が「手弁当」も覚悟で、裁判をサポートすることになる。

着手金および実費:
 0円(負担なし。但し、通信費、各書類郵送費等はご自身でご負担ください。)

既に500円の金券を受領済または請求済でも参加できるの?

ほとんど全ての被害者は最高でも500円の金券をもらって泣き寝入りせざるを得ない状況におかれております。(既に500円券をもらった方も提訴できます。)

なお、既にベネッセから500円分の金券を受領したかた、請求をしたがまだ受領をしていないかたも、参加可能です。

今からでも間に合います!

※平成26年12月末日で一度締め切らせていただきました。それ以降にお送りして頂いた方については、第2次訴訟以降で原告とさせていただきます。第2次訴訟については、2月中の申立を予定しています。

被害者の会など

参考リンク

1