1. まとめトップ

最高速度争い再び!「世界最速」の称号は誰の手に!?

最高速度争い再び!「世界最速」の称号は誰の手に!?

更新日: 2017年06月22日

2 お気に入り 24126 view
お気に入り追加

▼「世界最速の市販自動車」がアツくなってきた

▽新記録!!世界最速のコンバーチブル!!

2013年にブガッティ・ヴェイロンWRCが時速408.884km/hを出し世界最速のオープンモデルとしてギネス記録に認定されましたが、ヴェノムGTスパイダーは時速427.3 km/hを記録し、新たに世界最速のオープンモデルになりました。

ヘネシーヴェノムGTスパイダーは旧ロータスエキシージのボディにGM製7.0LV8ツインターボエンジン1451馬力を発揮し0-100は2.4秒で到達し、価格は1億4000万円

最新の2016年モデルは、7.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。ブーストアップにより、最大出力は1451hp/7200rpmへ引き上げられた。

従来比で、207hpの強化にあたる。車両重量は1244kg。動力性能は、0-96km/h加速が2.4秒、0-320km/h加速が13秒と驚異的。

このヴェノムGTスパイダーが4月11日、同社の創業25周年に合わせて、3月25日に米国カリフォルニア州のリムーア海軍航空基地で行った世界記録挑戦の結果を公表。

「世界最速の市販自動車」
ブガッティ ヴェイロン

2010年7月、ブガッティの開発ドライバーであるピエール=アンリ・ラファネルによって最高速チャレンジが行なわれた。フォルクスワーゲン所有の、9kmの直線を持つエーラ・レシエン・オーバルテストコースを両方向に走り、1回目427.988km/h、2回目434.211km/h、平均431.072km/hを記録し、2007年9月にSSC・アルティメットエアロTTが記録した412.28km/hを更新し、ギネス世界記録に認定された

▽「世界最速の市販自動車」を狙う▽

▼トゥアタラ

シェルビー・スーパーカーズ(SSC)
「トゥアタラ」

米シェルビー・スーパーカーズ(SSC)社が公開したスーパーカー「トゥアタラ」(上の画像)。同社はついに、このマシンのための新工場をワシントン州ウェストリッチランドに建設する準備に入った。

新工場の建設計画は2011年から持ち上がっていたが、資金調達の遅れで延期になっていたという。しかし、先日、やっとその目途がつき、床面積約3,700平方メートルの新工場の建設が今年8月に開始され、2015年3月までには完成する予定だそうだ。

最高出力1,350hp、最大トルク176.9kgmを発揮するというトゥアタラは、プロトタイプの記録ではあるが0-200mph加速で16秒を切ったことがある。

速い!!

デザインも嫌いではない

また、2007年には、同社が以前に製造していた「アルティメットエアロ」で、当時の市販車世界最速記録となる414km/hを叩き出しているだけに、トゥアタラの仕上がりに期待が高まる。

▼ヴェノム F5

ヘネシー・パフォーマンス
「ヴェノム F5」

米フロリダ州にあるアメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターで、残念ながらギネス公認記録とはならなかったものの、最高速度270.49 mph(約435.31km/h)を叩き出し、ブガッティ「ヴェイロン スーパースポーツ」が記録したそれまでの最高速度記録267.81mph(約431km/h)を上回った米ヘネシー・パフォーマンス社の「ヴェノムGT」。

1 2 3





にぎりこぶしさん

あぁ、ジェッタシー。
車、映画、NBA、TNA、WWE、DANCE、音楽...などなど。。
主に自分のメモようとして作成。。。