1. まとめトップ

ごちゃごちゃしちゃう化粧ポーチは「手作りメイクパレット」ですっきりキレイにしちゃいましょ!!

必要なものだけを手軽に持ち運べるメイクパレットはがさばらないし、使いやすいのでおすすめ。100均で買える名刺入れや、コスメ用品の入れ物を利用して手軽に作れるので試してみてはいかが?

更新日: 2016年03月23日

268 お気に入り 164942 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

TONOさん

いつの間にかパンパンになってしまうポーチ

モテる女性のポーチは案外とシンプルです。お化粧直しに最低限必要なものしか入っていないのです。

ファンデに口紅、ブラシに歯磨きなど知らず知らずのうちにパンパンになってしまう化粧ポーチ。実際に必要なのは「お直しアイテム」中心!

パンパン化粧ポーチは悪印象

よく化粧ポーチがパンパンになってしまっている女性を見かけます。そんな化粧ポーチを目にすると、必要なもの、不必要なものを区別することができず、整理整頓が上手ではないんだろうなという勝手な印象を周囲にあたえてしまいます。

メイクパレットの作り方

化粧品を丁寧に1つづつ入れ物から外していきます。

裏に付いているのりもきれいに撮ります。そうする事によりテープで付けたときにきれいに仕上がります。

色鉛筆の空き容器に貼っていきます。

コンパクトでかさばらないメイクパレットの完成!!

ヘアアイロンを使うとノリが取れやすいみたい!!

金具で少し外した後に、、

ワックスペーパーとストレートアイロンを使うとのりが取りやすいようです。

リップパレットの作り方

溶かしたい分の口紅をナイフなどで切りスプーンに口紅を乗せろうそくで溶かします。

溶けた口紅を容器にうつし冷まして固まるまで待ちます。

乾いたら空き容器にテープなどで固定すれば完成!!

マグネットシートを使う

メイク直しで使うものは、フェイスパウダー、アイブロウ、アイライナー、口紅やグロス、リップくらいですよね。いつか使うかもと思ってポーチに入れているものは、思い切って出してしまいましょう。

出典ameblo.jp

中に入っていたマグネットはすべて取り出し。缶のサイズに合わせてカットしたマグネットシートを中に敷き好きなコスメを入れればメイクパレットの完成☆

メタルのケースにマグネットで付けています。シャッドーは、好きな色があっちこっちのパレットに入っていることが多く、いくつも持つ歩くことになると、メイク用品がかさばってしまいます。この方法だと、ずいぶんコンパクトになります。

アルミのケースにマグネットで貼っています。マグネットを使うと取り外しが簡単なので違う色の化粧品を持っていきたいなっていうときに便利。

段ボールで作っています

段ボールは丈夫なので包装紙を貼ってきれいにすればメイクパレットにピッタリ。汚れたら捨てれるので清潔。

名刺入れでメイクパレット

パレットからは外し、アルミの名刺入れに詰め替えてます。

無印の名刺ケースにマジョマジョのアイカスタマイズを入れています。

名刺入れはデコっておもかわいいかも♡

鏡は1つで十分

1 2