1. まとめトップ

小保方さんの不正行為がひっそりと確定…小保方擁護論も論破される

小保方晴子さんの不正行為が確定しました。新たに2件の不正があったとされ、論文には計4件の不正があったことになります。小保方さん自身も、自らの不正を認める発言をしたそうです。小保方さんについては擁護する意見もありましたが、論破されてしまったようです…

更新日: 2015年01月07日

0 お気に入り 6409 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

randoseruさん

▼ 小保方さんの不正行為がひっそりと確定した…

不正認定の通知から10日以内に不服申し立てができるが、理研広報室は「小保方氏からは連絡がなかった」と説明している

理化学研究所は、小保方晴子元研究員が、実験データをねつ造したとする調査委員会の報告書に対し期限の5日までに不服申し立てを行わず、不正が確定したことを明らかにしました

今後、小保方氏に対し懲戒処分が検討されるが、実質的な処分はない

今後、懲戒処分が検討されますが、小保方元研究員はすでに退職しており、実質的な処分はできないということです

ねつ造で,ここまで多大なコストを払うことになるとは,いやはや…無駄に人が関わり過ぎたんだよな > "STAP問題 小保方氏の不正が確定" www3.nhk.or.jp/news/html/2015…

▼ 新たに2件の不正、論文には計4件の不正があったことが確定した

STAP細胞はES細胞(胚性幹細胞)とほぼ断定し、細胞の増殖速度のデータなど論文の図表2件に捏造ねつぞうがあると結論づけた

STAP細胞とされたものは別の万能細胞・ES細胞が混入した可能性が高く、論文に新たに2件の不正があったとする報告書を発表…

STAP細胞を培養・凍結保存していたものは、実際にはES細胞だったとしたうえで、小保方元研究員が論文の2つの図で新たにねつ造を行っていたと認定しました

小保方さんの「共同研究者」には不正がないとされている…

同意。勿論、小保方さんは悪いけど、あんな若造が簡単に世界に論文なんて出せるもんじゃない。指導の科学者な何をしてた?笹井先生はそこを恥じたのではないかな。 --- 小保方氏の不正確定……尾木ママ憤慨 「厳正な処分と経済的弁償求める」 mixi.at/a1IYsXf

▼ 小保方さんは、自らの不正を認める発言をしていた…

元のデータでは使えない、と言われ、(不正に)操作した…

小保方氏は「(共著者に)元のデータでは使えない、と言われ、操作した」と、一連の騒動の中で初めて自らの不正を認める発言をした

小保方氏は聞き取り調査に、図表1点で作成に必要な作業をやっていないと認め、もう1点では「(共著者に)元のデータが“これでは使えない”と言われ、操作した」との趣旨の発言をしたという

STAP論文捏造認定報告書に対して小保方春子は期限までに申し立てを行わず、不正が確定。当の本人が捏造を認める形となった。小保方を指示していた人達は本丸落城でどんな顔をしているのだろう

STAP細胞論文で新たに二つの図表の捏造を認定された小保方氏が理研に不服申立てを行わなかった事が分り、昨年の分も含め全ての不正を認めた事になった。 ここで漸く認める様な態度は科学者として有るまじき行為だ!科学者の資質欠如を如実に示している。彼女を擁護した人達にも大いに責任がある。

▼ 肝心の誰が「ES細胞」を混入させたのかは不明のまま…

細胞は作製時に実験室に7日間放置され、誰が混入させたか、故意か過失かを判断できないという

小保方氏が調査委の聞き取りに「ES細胞混入の可能性はあるが、私は混入をさせたことは絶対ない」と弁明したことを明らかにした

▼ これに対し、尾木ママが世間の声を代弁する…

1 2