冥王星の発見者クライド・トンボーは1997年の死後、遺骨の一部が2006年に打ち上げられた冥王星探査機ニュー・ホライズンズに搭載された

出典宇宙葬 - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「俺、星になってくるわ...」宇宙空間に散骨する"宇宙葬"が静かなブーム

故人の遺灰などを収めたカプセルをロケットに載せて宇宙空間に打ち上げる「宇宙葬」が話題になっています。宇宙空間に打ち上げられた遺灰は、地球の周回軌道を数カ月回った後、大気圏に突入して流れ星となるそうです。

このまとめを見る