1. まとめトップ

イギリス聖地紀行|320kmにも及ぶセント・マイケルズ・レイラインの遺跡郡まとめ

ストーンヘンジやグラストンベリーなど、イギリスで有名な遺跡群はレイラインと呼ばれる太陽の道筋に沿って直線上に並んでいるという

更新日: 2015年03月04日

3 お気に入り 2548 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

イギリスのセント・マイケルズ・レイラインとは?

ストーンヘンジやグラストンベリーなど、イギリスで有名な遺跡群はレイラインと呼ばれる太陽の道筋に沿って直線上に並んでいるという

1920年頃、英国の発明家で実業家のアルフレッド・ウォトキンズは英国にある古代遺跡の直線配列に気が尽き、書物に表し,この大規模な古代遺跡の直線配列は「レイ」となずけられた。レイとは語源的には「光」や「まっすぐな道」という意味を持つ。

そして大天使ミカエル(St. Michael)に由来する場所が多いことから、「セント・マイケルズ」の名が付けられている。

グラストンベリー・トール

イエス・キリストが訪れた聖地でもあり、イギリス初のキリスト教発祥の地でもあると言われている。

アーサー王伝説の聖杯がうまっているとされ、今でも水が湧いている。この井戸の水は枯れた事が無く不思議な力があるともいわれている。水は一日に112,000リットル湧き、成分の多くに鉄分を含んでいるため赤色に染まっている。

エイヴベリーのストーンサークル

シルベリー・ヒル

高さは40mで古代の王の墓であったと言われている

近くで見るとかなり大きい

ストーンヘンジ

知らぬ人のいない有名な古代遺跡。ロンドンから西に約200kmにある環状列石(ストーンサークル)。

イギリス観光ツアーでもレイラインに沿った古代遺跡巡りが定番のようです。

1