1. まとめトップ

福袋も顔負け!?マクドナルドの商品から色々な物が出てきた件 (中国からもバカにされる)

新年早々、マクドナルドのチキンナゲットから異物が入っていることがニュースに。それをきっかけに、全国のマクドナルドから次々と不審なものが混入していたことが明らかになってきました。デパートの福袋もビックリな、その様子をまとめました。

更新日: 2019年08月03日

1 お気に入り 1725 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Yu-peiさん

★2014年、中国の食品問題で揺れたマクドナルド

マクドナルドがナゲットを調達していた中国の食品加工会社で使用期限切れの肉を使っていた問題で、2014年7月に「チキンマックナゲット」など中国製の鶏肉商品8種類の販売を中止した。

使用期限が切れた鶏肉を使っていたのは「上海福喜食品」。日本マクドナルドでは国内で1年間に販売する「チキンマックナゲット」の約2割を輸入していた。ファミリーマートも「ガーリックナゲット」用に輸入。両社は計1万店余で販売を中止した

マクドナルドは、21日に該当商品の販売を中止し、タイの別の業者からの食肉調達に切り替えたという

★2015年、再びチキンナゲットに問題発生・・・・

チキンナゲットにビニールのような異物を確認

青森県のマクドナルド三沢店で、3日に販売したチキンナゲット1個の中に異物が混入していたことが4日、日本マクドナルド本社や関係者への取材で分かった

購入した客が、複数のナゲットのうちの1個を口にしたところ、中に長さ数センチのビニールのようなものが入っており、同日中に店に申し出た。

このナゲットはタイの工場で生産されたもので、日本マクドナルドは、同じ工場で、同じ日にちに作られたナゲットの販売を一時中止するよう各店舗に通達した。

★この青森県の異物混入をきっかけに、次々と異物混入の報告がされた

さらに、東京・江東区の東陽町駅前店でも14年12月31日、店内でチキンナゲットを買って、食べていたお客から「ビニール片のような異物が入っていた」という申し出があったことが後日発覚

さらに、当時店員がお客から預かった異物(5ミリほどのビニール片)を、持ち運んでいる途中に誤って紛失してしまった。さらに、このことを店長に報告していないという失態が明らかになった。

★なんと、マックフライドポテトからは、『人間の歯』が・・・

ビニールの異物の報告だけでなく、「人の歯」がマックフライドポテトに混入していたことがわかった。実は、購入客が2014年9月1日のブログですでにその被害を訴えていた。

大阪の購入客は、ビッグマックのセットを購入した。セットのポテトを食べたところ、口のなかで「ガリッ」と音がしたため、慌てて口から出した。すると、人の歯のかけらが入っており、気持ち悪さで吐き気がするなど大変な思いをしたそうだ

しかも、店からは返金もなく、また食べにくるようにとセットの無料券を一枚渡されただけという。

完全になめてますな・・・・

1月7日の会見では、日本マクドナルドは、検査結果でも、歯を油で揚げていた形跡は見つからず、「どこで混入か判明していない」と述べた。

★サンデー チョコレートからはプラスチックの破片が

福島県店舗では、「サンデーチョコレート」にプラスティック片が混入していたと顧客から申し出があったという。

しかも、商品にプラスチック片が混入していたことにより、5歳の女の子が口の中を切るケガをしていたことがわかった。

連絡を受けた郡山市保健所が調査したところ、混入していたのは商品を作る機械の部品の一部が欠けたものと確認され、店に対し報告書の提出を求めた

★ホットケーキにはアクセサリーの金具が

2014年9月、京都府の店でも、ホットケーキにアクセサリーの金具が入っていたことがわかった

京都府の女性によると、2014年9月27日、宮津市の176宮津店で購入したホットケーキに異物が入っていた。日本マクドナルドが調べた結果、ネックレス、またはブレスレットの留め金だと考えられるという

1 2