1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

【過食を抑える食べ物】

・とりあえずガムを噛む
・食事は汁物から
・満腹感が得られる野菜や海藻類
・甘いものは飴から
・心を落ち着かせるハーブティ
・味に変化をつけられるスパイス
・デザートや間食にヨーグルト
・一粒ずつ頂くナッツ類
・甘いリップクリーム (食べ物とは言えませんが、究極の方法として甘いリップクリームを塗るのも効果があります)

ただ、ストレスによる過食というのは、やはり気持ちの落ち着きにも目を向けないといけませんから、ストレスで過食に走る前に、適度な運動やカラオケでわいわい楽しむなど、ストレスを発散することも同じように心掛けて下さいね。

・ヒスチジンを摂取する

ダイエット効果のある「ヒスタミン」を作ってくれます。

ヒスチジンには、神経機能を補助する役割もあります。
ダイエットの際には心身のバランスを整えることも大切ですので、この効能も無視できません。

食事による摂取

ヒスチジンはアミノ酸ですので、魚類や肉類、乳製品といったたんぱく質の豊富な食品に多く含まれています。特に、カツオやマグロ、ブリ、サンマといった青魚は含有量が多いことで知られます。食べ方としては、缶詰などではなく、生のままか出汁にするのが理想的です。

サプリメントによる摂取

ヒスチジンはサプリメントで取り入れることも可能です。ただし、ヒスタミンはアレルギー症状を起こしやすい物質ですので、過剰摂取は禁物です。強いかゆみやじんましんといった副作用や、酷い場合ではショック症状が出ることもあります。アレルギー体質の人は事前に医師と相談するようにしましょう。

―――「過食」を卒業するためのテクニック―――
・週に1回、好きな物を食べるご褒美デーを作る
・食べたいものを、わくわくしながらリストアップ
・食べるときはたくさん並べて、目からも満足感を得る
・コンビニよりデパ地下へ。迷ったら高級なものを選ぶ
・選ぶなら、より自然な形に近いもの
・たんぱく質、いい油をきちんととる

【過食にさせる食べ物】

決まって 一口パンを食べると(甘いパン)プチっと過食のスイッチが入ってしまいます。

慢性的な過食に悩む人の多くは、パンや麺類などの粉ものに偏った食事を摂りがちで、タンパク質不足に陥っている。それらがトリプトファン不足となる一因でもあり、そこに悪循環が存在しているのだ。

「ケーキとココア」という
最高の組み合わせが過食を止めることも

甘いものを食べるときに、あえて甘い飲み物を合わせる、という手が功を奏するときもある。つまりは、ケーキと一緒にココアを飲む、といった、最高に甘い組み合わせにしてしまうことだ。確かに、カロリー的には摂り過ぎかもしれない。でも、1回の間食で充分すぎるくらい満たされると、ダラダラと何かを口にするようなこともなくなる。

「甘いものを食べるのは罪悪感があるから…」と食パンをかじってみたものの、結局止まらず、そのまま一斤食べてしまった、というようなエピソードは、何度も聞いたことがある。それならば、最初から菓子パン1個にした方が、結果的にはカロリーも半分で抑えられるというのに……。罪悪感というのは、時に、私たちに間違った選択をさせてしまうのだ。

1