1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

史上最高の小説100をまとめました。

映画化されていて動画が見つかるものは予告編を載せました。

amazonがオールタイムベストブックを発表

13年にわたる書籍の販売で蓄積した販売数、カスタマーレビューの評価をはじめとする各種データをもとに、これだけは読んでおきたい「オールタイムベストブック」を選定しました。

第一弾に「小説100」、第2弾に「コミック100」、第3弾「児童文学100」、第4弾「ビジネス書100」を発表しました。ビジネス書、コミックについては以下を参照してください。

「オールタイムベスト小説100」について

世界的な古典から最近の本まで、とてもバランスよくそろっていると思います。内容も重く難解な本から読みやすい本まで幅広いですね。何を読んでいいかわからない人は、この「100選」がよいガイドになると思います。

齋藤孝(明治大学文学部教授)

【海外文学】

一九八四年

“ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…。二十世紀世界文学の最高傑作が新訳版で登場。

去年、一番衝撃を受けた小説はジョージ・オーウェルの『一九八四年』でした。もともと平沢進さんのbig brotherを聴いて興味を持った作品だったけれど、圧倒されてしまいました。とにかく怖い。個人的にもっとも怖いと感じたのはニュースピーク。

動物農場

一従軍記者としてスペイン戦線に投じた著者が見たものは、スターリン独裁下の欺瞞に満ちた社会主義の実態であった…。寓話に仮託し、怒りをこめて、このソビエト的ファシズムを痛撃する。

なかなか面白くて一気によみました。ぜひ学生の方に読んでほしいです。

夜と霧

「言語を絶する感動」と評され、人間の偉大と悲惨をあますところなく描いた本書は、
日本をはじめ世界的なロングセラーとして600万を超える読者に読みつがれ、現在にいたっている。

@mikami_isuzu アウシュヴィッツを生き延びた心理学者、フランクルの『夜と霧』のテキストを買いました。素晴らしかったです。

アルケミスト―夢を旅した少年

羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。

パウロ・コエーリョ「アルケミスト 夢を旅した少年」世界的作家の名作と。エキゾチック、といういい方は東洋を指していうのだろうけど、スペインのアンダルシアから北アフリカへ渡り、エジプトを目指す、という設定は魅力的。「錬金術師」という、日本ではわかりにくい概念も興味を惹いた。

アミ小さな宇宙人

少年ペドゥリートとアミと名乗る宇宙人との感動のコンタクト体験。宇宙をめぐる旅の中でペドゥリートは、地球がいまだ野蛮な、愛の度数の低い未開の惑星であることを教わる。世界11カ国語に訳された不朽のロング&ベストセラー待望の文庫化。

いまさらながら、アミ小さな宇宙人を読み始めている。いままで手にとる気がしなくて全然読まなかったのだが、こんな話なのかー!よくわからん自己啓発書よりよっぽど実践的だ。

わたしを離さないで

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設ヘールシャムの親友トミーやルースも提供者だった。キャシーは施設での奇妙な日々に思いをめぐらす。図画工作に力を入れた授業、毎週の健康診断、保護官と呼ばれる教師たちのぎこちない態度…。彼女の回想はヘールシャムの残酷な真実を明かしていく―全読書人の魂を揺さぶる、ブッカー賞作家の新たなる代表作。

とても読みやすい。
スッと入ってくる。
というか、スッとこの世界に入り込ませる文章。
最後まで読者を離さない。

1 2 3 4 5 ... 11 12





ko102110さん

見やすく、分かりやすいまとめを作ることを心がけています。
Twitter、Facebookなどでのシェア大歓迎です!
いいと思ったら拡散お願いします!