1. まとめトップ

ユリ熊嵐の元ネタとよくわからないところのまとめ【2015年冬アニメ】

元ネタは吉村昭の熊嵐?なめとこ山の熊?あるいは、嵐が丘?ともかく熊は恐い。

更新日: 2015年03月09日

21 お気に入り 157492 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

元ネタ?「あの事件」って?

あとユリ熊嵐…元ネタが元ネタなんで凄い怯えながら視聴してる。がりがりごりごりは既にトラウマ

ユリ熊嵐の元ネタらしい事件のウィキ読んでヒエッってなった トイレ行けない

三毛別羆事件を題材にして書かれた小説がこちら

『ザ・ワールド・イズ・マイン』も実は『羆嵐』が元ネタだったとか。幾原アニメと新井英樹マンガが繋がるとは… geocities.co.jp/Playtown/2586/… / “「ユリ熊嵐」と『羆嵐』(三毛別羆事件)はやっぱり今後つながってくるっぽい…” htn.to/npZoHcNq

そして、さらに?

『ユリ熊嵐』、タイトルからして『熊嵐』(三毛別羆事件)がモデルっていろんな人に指摘されているけど、前作が宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』モチーフだったから、クマを撃つ人間と人を食べるクマとの交流ってテーマ的『なめとこ山の熊』も意識しているのかなと思った。

紅羽の特技が射撃だし、これはすごくもっともらしい!

『ユリ熊嵐』が『なめとこ山の熊』だとすると、新井英樹の『ザ・ワールド・イズ・マイン』との関連も疑いたくなるんだよな。まぁ、絵柄は全然違うんだけど。

題材は共通しているものの内容的にはだいぶ違うものになるだろうとは思われます。

「熊」とは?何かの比喩?

ユリ熊嵐の考察。 あのアニメの熊って男の事じゃないか?百合の園で楽しく暮らす少女達に外敵の熊もとい男が侵入してくる。ただ自然の摂理では男と女が交尾するのは必定である。転校生としてやってきた熊が好きを止められないのは男の本能が交尾を求めているから。 まだ1話だけど考察は楽しい。

クマリアはクマ+マリア?クマが恐ろしい者・襲う者で、マリアは純潔とかそういうイメージ。なんつーか、本能的衝動(クマ)と貞操・純潔(ユリ)って思えてきたわ、ユリ熊嵐。ユリ裁判も頭の中の天使と悪魔みたいな?あとは嵐か。 てか、あの学園に男いるの?お前ら全員男性恐怖症とかじゃないよな?

今のとこユリ熊って男の人が一人も出てきてないからふと思ったんだけど、もしかして「クマが食っちゃう」ことって純潔じゃなくなるってことのメタファーなのかな。苗字に百合がつく人は元熊=食った側とか???? #好きかっていってる

これ…ユリ熊嵐って男が介入しない美少女動物園百合ものだと百合厨が集まってきたところを、残念!実は熊は男のメタファーでつまり熊が女の子を食べるっていうのはそういう事づと火炎放射器で焼き払うアニメじゃねーの…だってイクニだもん…

ユリ熊嵐の事考えてたんだけど、もしかして熊って欲望とか衝動のメタファーなんじゃないかな? 閉じられた女子校では清廉潔白であれと求められる=熊を壁で排除している=熊から身を守る為には透明な存在にならねば=熊の名前には百合が付いている=恋愛してる子は美味しく熊(欲望)に食べられている

1 2 3