これは抽選ではありません。1次と2次まである、厳正な選考です。
1次は、書類審査です。ここで、80名くらいに絞られるのが通常のようです。
そして、2次は試験と面接。
2次試験会場は東京ですが、その旅費もHSDが負担してくれます。
毎年、12月に募集が始まり、全国から多数の高校生が応募してきます。
過去の傾向としては、英語が得意な頭の優秀な子だけが選ばれるわけではありません。
英語が喋れず、英検だって持っていない子だってHSDメンバーに居ます。
大切なことは、その子の情熱・意欲です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

高校生に無料の短期留学。「高校生外交官」という国際交流プログラムのまとめ

AIU保険会社とアメリカのフリーマン財団が、社会貢献事業として毎年行っている高校生のための国際交流プログラムをご存知ですか?知ってて損のない実話をまとめてみました。高校生必見情報です。

このまとめを見る