1. まとめトップ

【The Past】満島ひかりの演技力が凄い理由

歌手(folder5)、グラビアアイドル、ソロ歌手と経験を経て、女優へ転身。その後、「愛のむきだし」で注目され、TVドラマ・映画に活躍する実力派女優。その魅力が分かる動画を集めます!

更新日: 2018年02月14日

13 お気に入り 76472 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

本名  石井 ひかり(旧姓:満島)
生年月日 1985年11月30日(29歳)
出生地  沖縄県沖縄市
身長    162 cm
血液型  A型

生年月日:1985年11月30日(29歳)
身長: 162 cm
血液型: A型

父は地元・沖縄県にある中学校の体育教師で、顧問を務めるバスケットボール部を全国優勝に導く名監督

夫は映画監督の石井裕也、弟は俳優の満島真之介。

役者としての原点は?

小学生の頃、一人芝居の大会に何度か出場した。「母親は一度やると決めたことには超スパルタで、セリフに抑揚がない、聞きづらい、手ぶりをもっとつけて、と毎日ダメ出し

「演じる」ということについて

どんな役も「そう思わないとできない」というタイプ。そのため、事前に役柄や作品について勉強することも多い。

「特に『手に職系』の役だと調べていくうちにどんどん面白くなって、ちゃんと勉強したくなります。産婆さん役の時なんて、かなり本気で産婆さんを目指そうと思いました」(笑)

父は満島が上京する際に「1カ月に1回くらい自分を殺してまた生まれ変わったらいいよ」という言葉を託していた。その言葉が、満島の体当たりの演技に繋がった。

彼女は1つの作品を撮り終えると、自分の演じた役を“滅ぼしてしまう”そうです。逆を言えば、撮り終えた後で何も残らないほど、すべてを作品にぶつけているのでしょう。

ドラマ「ごめんね青春!」(2014年10月~12月)でも、個性的なキャラクターを完璧に演じてみせた!

◆「ごめんね青春」(9話)感想

号泣したー満島さんの泣き演技すごいなー
「頭追いつかない」って泣いたところでこっちも泣いた

『Woman』での演技力は圧巻!

夫が事故で他界しパートで2児を支えるシングルマザーを描いたドラマ『Woman』(日本テレビ系)

父は母子家庭で育ったそうで、『Woman』でシングルマザーを演じる上で色々と話を聞いた。

園子温監督からの“しごき”は苛烈を極め、体当たりでぶつかっていったという満島。

2003年9月からTOKYO MXの公開バラエティ番組『ゼベック・オンライン』のアシスタントとして本名の「満島ひかり」名義で芸能活動を再開

鳴かず飛ばずの状態が7年間も続いた。先の見えない不安から顔にブツブツができ、人に見られるのが恐いと思う時期もあったという

1 2