1. まとめトップ

、35歳以上の「中年フリーター」がここ20年で増加していると報じられた
就職氷河期のフリーター層がそのまま「中年」になっている現実を伝えている
この内容を受け、Twitterでは危機感を募らせる声が続々と投稿されている

総務省が26日発表した11月の労働力調査で、非正規労働者が初めて2000万人を超えた。雇用者全体(役員除く)に占める割合は38%に達する。終身雇用の正社員という日本企業の雇用慣行がバブル崩壊以降見直されたことで、非正規は一貫して増加傾向にあり、処遇の改善が大きな課題だ。

多くの企業で非正規は正社員に比べて賃金水準が低く抑えられ、キャリアアップの機会も限られる。先の衆院選でも非正規の扱いが与野党の論戦のテーマになったように、処遇の底上げをどう図るかが社会的な課題となっている。

1





daiba49さん

政敵の悪口ばかりの政治家、広告主や権力批判出来ない新聞テレビは信じません。フィルターの無い・・ウィキリークのようなナマの情報でなければね!
私?知性も野生も感性もない軽い変態ですが!?何か?

このまとめに参加する