1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

本でも生の鶏肉の約半数から薬剤耐性菌が検出された事実がある


コレは米国での話では無いのです

昨今、抗生物質が効かない薬剤耐性菌(AMR)が世界で広がり深刻化している事実があります

人工的な環境での培養が難しい土壌中の細菌を培養することで、自然界に存在する抗菌化合物を発見し「テイクソバクチン」と名付けた。

皮膚や血液、肺の感染症を引き起こすブドウ球菌や結核の耐性菌、下痢の原因となるディフィシル菌、炭疽(たんそ)菌が、テイクソバクチンにより死滅した。

、抗生物質が効かない薬剤耐性菌が世界各地で広がっていると­の報告書も発表しています。
「貧困国など一部の国だけでなく、あらゆる国で拡大している。極めて深刻な状況だ」と­強調しました。
 報告書は、抗生物質の処方を必要最低限に抑えるよう医療従事者らに忠告。 
WHOは114カ国からのデータを基に調査、報告書を作成し、日本やフランス、南アフ­リカなどでは淋病の治療でセファロスポリン系の抗生物質が効かないケースが確認さてい­ます。

 強力な抗菌薬カルバペネムが効かない肺炎桿菌(かんきん)も世界的に広がって、一部の­国では半分以上の感染者に効かなかった。
 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の感染者は、耐性のない黄色ブドウ球菌の感­染者に比べ死亡率が64%高いとの推定も。
WHOは「対策を取らなければ(現在は)治療可能なちょっとした感染症やけがで死に至­ってしまう時代が来る」と警告しています。
予防の鍵は食養生で腸管免疫を活性化する事ですね。

1