全体として、2014年1月と比べた場合には、今年は昨年を上回った水準で推移しています。

出典2014年は「動画元年」だったのか?--YouTuber事務所「UUUM」鎌田社長に聞く - CNET Japan

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

Youtuberの収入が激減?広告単価が0.25円レベルまで減少。生活は無理?

Youtubeの動画を投降する事で生計を立てているYoutuberと呼ばれる人ですが、今まで、1再生0.1円ぐらいだった単価が12月から0.25円レベルまで低下して「生活できない」というYoutuberが増えているようです。

このまとめを見る