ダイエーと米マクドナルドは双方の出資による合弁会社を設立し、日本での事業展開を計画していた。しかし、合弁会社の資本比率で米マクドナルド側が50%ずつを主張したのに対し、ダイエー側(特に創業者である中内功)は主導権を握れる51%以上を主張したため、この計画はご破算となってしまった。そこでダイエーは、独自の研究下でハンバーガーチェーンを展開することとなった。こうして生まれたのがドムドムハンバーガーである。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ついに復建☆ドムドムハンバーガーがハンバーガー屋の未来を担う!?

昨今のマクドナルドの相次ぐ不祥事により、ついに日本初のハンバーガー屋であったドムドムバーガーが復活!これからのハンバーガー業界を切り開く、とおもしろい。

このまとめを見る