ヒトを含む哺乳類では 7種類 が見つかっており、SIRT1~7と命名されている。

出典サーチュイン遺伝子 - Wikipedia

サーチュイン遺伝子は、長寿遺伝子または長生き遺伝子、抗老化遺伝子とも呼ばれ、その活性化により生物の寿命が延びるとされる。サーチュイン遺伝子の活性化により合成されるタンパク質、サーチュインはヒストン脱アセチル化酵素であるため、ヒストンとDNAの結合に作用し、遺伝的な調節を行うことで寿命を延ばすと考えられている。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化する物質「NMN」。動物実験では効果を確認。人間では?

「NMN」への注目が高まっている。これは「長寿」に関係する「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがある成分とされる。科学の進歩により不老不死も可能に?テロメアを伸ばす物質も【検索:mnm,MNM,長寿, 不老長寿 , 未来, google, 含む, 食品, 食べ物, 老化, 年齢, ラパマイシン】

このまとめを見る