β-ニコチンアミドモノヌクレオチドは、研究用途のみの化学物質原末としての販売です。
 医薬品 や 個人消費向けでは無い。

出典β-Nicotinamide mononucleotide - β-ニコチンアミドモノヌクレオチド オリエンタル酵母工業  バイオ事業本部

Nicotinamide mononucleotide(ニコチンアミドモノヌクレオチド)の生体内への取り込み及び、作用機序に関しては不明な点も多く、研究が進められているが、近年マウスへの投与実験から、高脂肪食負荷に伴う耐糖性異常の改善、老化に伴ったミトコンドリアの機能低下の改善、虚血再灌流における梗塞巣の減少が報告されています。また、マウスへの長期摂取実験から、老化に伴う神経幹細胞の減少を抑える効果が報告されています。
 糖尿病や神経変性疾患、心疾患など、加齢に伴った疾患の予防・診断への応用によりアンチエイジングへの期待が高まっております。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化する物質「NMN」。動物実験では効果を確認。人間では?

「NMN」への注目が高まっている。これは「長寿」に関係する「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがある成分とされる。科学の進歩により不老不死も可能に?テロメアを伸ばす物質も【検索:mnm,MNM,長寿, 不老長寿 , 未来, google, 含む, 食品, 食べ物, 老化, 年齢, ラパマイシン】

このまとめを見る