出典 wired.jp

未来の“若返り”サプリメント「NMN」の研究から実商品の販売に!

2011年、ワシントン大学教授の今井眞一郎が、マウス実験で糖尿病に劇的な治療効果を上げた、ある物質の存在を世界で初めて報告した。
それからのちに、その物質「NMN」は糖尿病に限らずさまざまな臓器や眼、さらには脳などの老化に伴う症状を改善すると判明する。しかも、不思議なことに、この物質を投与されたマウスの器官は、若いころの状態にまでほとんど修復されていたのである。「この4、5年で、老化や寿命のシステムの解明に非常に大きな進歩がありました。
どういう機能が、老化によって低下するのかわかってきたのです。そのなかで、NMNの投与が、全身の機能を保持し高めるのに劇的な効果があると判明してきました」

この情報が含まれているまとめはこちら

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化する物質「NMN」。動物実験では効果を確認。人間では?

「NMN」への注目が高まっている。これは「長寿」に関係する「サーチュイン遺伝子」を活性化させる働きがある成分とされる。科学の進歩により不老不死も可能に?テロメアを伸ばす物質も【検索:mnm,MNM,長寿, 不老長寿 , 未来, google, 含む, 食品, 食べ物, 老化, 年齢, ラパマイシン】

このまとめを見る