1. まとめトップ

実際に買える次世代UIまとめ

SF映画などでよく目にする次世代インターフェース。あなたのPCでも体験できる時代がもうすぐそこ……ではなく、もう来ています!

更新日: 2015年01月27日

0 お気に入り 2265 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

DNCAさん

ユーザインターフェースは進化してきた

文字のみで入出力する「CUI(キャラクタユーザインタフェース)」

CUI の場合は、コマンドを知らないと何も操作できない(ファイルの一覧すら見ることができない)、操作結果が即座に画面に反映されるとは限らない、など GUI と比べて不便と思える特徴が見受けられます。しかし、コマンドさえ憶えていれば、次のような複雑な操作や連続した処理も簡単に操作できます。

映画やドラマでハッカーが黒い画面にカタカタと何やらワケの分からないコマンドを入力して
「頼むぜ...」とかなんか言いながらリターンキーをターンッ!とする場面を見たことはありませんか?
あれです、あれ!

マウスを使ってカチッ!「GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)」

状態を視覚的に表現し、画面上を自由に「指差し」て行動を指定するもので、それまで主流であった命令文を入力して実行する方式(CUI)に比べ直感的に操作できるのが特長。

今、私たちが使っているアプリケーションの多くはこれですね。

そして「NUI(ナチュラル・ユーザインターフェース)」

次世代ユーザインタフェースとして注目されているのがNUI(ナチュラル・ユーザインタフェース)です。百聞は一見にしかず!次のプレビューを御覧ください。
体を使った操作、かっこいいですよね〜。もしくはトム・クルーズだからかっこいいのか……

あなたのPCを手で操作できるデバイス

で、もう買えるんです。しかも比較的安価に!

ジェスチャ入力アームバンド「MYO」

製品価格149ドルで送料が10ドル、合計1万6千円ほど

ちなみに「マイオ」と発音するそうです。

ジェスチャ操作デバイス「Leap Motion」

Leap Motionコントローラーは10本全ての指を1/100mmの精度で認識でき、これまでの他のモーションコントロールよりも正確です。
わずか1センチの立方体の中に、線を描いたり、色を塗って小さな芸術作品を作れるほどです。

価格は1万円前後。
個人的に近いうちに買う気マンマンです(笑)

指輪型ウェアラブルクラウドコントロールデバイス「Ring」

Ringは人差し指につけて空中に絵文字やアルファベット、数字などを描くことで、事前に登録したアクションを実行してくれる。

日本でこういった次世代のものを、しっかりと製品として売り出したりプロモーションを行っているのは珍しいんじゃないでしょうか。価格は3万円前後。

1