1. まとめトップ

「起きてすぐ頭が痛い・・・」。寝起きの「頭痛」原因とその対策まとめ

朝起きたらいきなり頭痛がする。そんな不快感で一日を台無しにしないための、原因と対策をまとめました。

更新日: 2015年03月08日

71 お気に入り 2120065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

momokan1981さん

なんだろ(´・_・`)最近寝起きやたら頭痛いし目眩する〜(´・_・`)鉄分〜(´・_・`)

寝起きの頭痛って不快感…

「最近寝起きの頭痛がして辛い…」「休日寝すぎると頭痛がする…」あなたはこのようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

寝起きに頭がズキズキして頭痛とともに朝起きるなんてことはありませんか?そんな日は目覚めから気分が最悪ですよね。

睡眠時間をしっかりとっていても寝た気がしない、疲れが取れないなど、気持ちいい朝の目覚めを阻害してしまいます

朝からテンションガタ落ちです

なんで頭痛になっちゃうの?

寝起きに頭が痛くなってしまうのは、生活習慣の乱れ、ストレス、疲労などが主な原因です

寝起きの頭痛は、様々な理由によって引き起こされますが、基本的には、代表的な3つのタイプの頭痛に分けることができます。

頭痛には、代表的な3つのタイプがあります。それぞれ、原因と対処方法が違うため、あなたの寝起きの頭痛がどのタイプの頭痛なのかを理解することは非常に重要です。

原因① 偏頭痛(片頭痛)

片頭痛は脳の血管が拡張して炎症を起こす事で発生します。ガンガン、ズキズキと脈を打つような痛みが特徴です。頭痛以外にも嘔吐、下痢、目まい、耳鳴りなどを引き起こす事もあります

寝ているときにはリラックス状態を促す副交感神経が働きます。この副交感神経は血管を拡張させる働きもあり、血管が拡張するとそれに合わせて偏頭痛が発生してしまうのです

血管が拡張する原因としては…

・ 熟睡できていなかったり、睡眠時間が足りない:脳に十分な休息が与えられていないため
 ストレスが蓄積されてしまう
・女性の生理期間
・チョコレートや赤ワイン、柑橘類などの過剰摂取
 →チラミンという血管収縮作用(脳の血管が収縮し、拡張する作用)のある化合物を含んでいる
・空腹や日中のストレス
・平日と休日の生活リズムが異なること

ハッキリとした原因は解明されていないようですが、赤ワインやチョコや柑橘系のものを食べた後や、生理前に生理中、ストレスや空腹を感じていると発生しやすいようです

片頭痛は謎が多い

▽対策

偏頭痛の場合は、質の高い睡眠をとり、体内リズムを安定させることで解消できます

寝起きと同時にカーテンを開けて急に部屋を明るくしたりせず、光や音を控えめにして少し休みましょう。

片頭痛で痛みを感じてしまった場合は、痛む所を冷やして暗い部屋で横になって安静にする事が有効なようです。ただそのまま寝てしまうと痛みが再発するので注意して下さい

休みながらこめかみに冷やしたタオルをあてるといいらしいです

その他では…
・高い質の睡眠をとり、生活リズムを整える
・チョコレートや赤ワインなどチラミンを含むものの摂取を控える
・平日と休日の生活リズムを安定させる
・コーヒーなど、血管の収縮させる効果のあるカフェイン含有飲料を飲み、血管の拡張を抑える

原因② 緊張型頭痛

緊張型頭痛は、首や肩のコリが主な原因です。首や肩のコリは、日頃のストレスやあなたに合わない寝具を使用していること、同じ姿勢で作業をしているなどの理由により悪化していきます

特徴は重く締め付けられるような痛みが30分くらい続く。ひどい時には1週間程度、痛みを感じる人もいるそうです

1 2