・朝起きてすぐに食欲がないのは、からだが欲していないから
・「朝食を食べる」誤った食習慣は自律神経のリズムに狂いを生む
・朝食を食べてすぐに活動すると胃腸に十分な血液がいかない
・朝食を食べなくても脳やからだに必要なエネルギーは足りている
・日本も外国も昔は二食で、朝食は正午にとっていた
・朝食廃止の二食にすれば、「小さな断食」の効果が得られる
・人間のからだは、飢えを感じたときに自然治癒力が高まる
・「活動してエネルギーを使ってから食事をとる」のが自然の摂理
・「朝食を抜くと太る」は、まったく根拠のない俗説だった
・「朝食廃止」こそ華燭・飽食による成人病を予防する最小の健康法

出典朝食有害説

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

朝食不健康説!朝食を食べると健康に良くないらしい。

「朝ごはんを食べましょう」などと聞く機会もよくありますが、実は朝食は健康に良くないという考えの医療関係者が増えている事を知っていましたか?

このまとめを見る