1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

大人の常識!?世間話で人間関係を潤滑にする3つの方法

職場・知人・ママ友・隣人など大人になると世間話をする機会が多くなります。大人ならできて当たりまえと思われてる世間話…でも苦手な人も多いみたいです。世間話ができずに気まずい沈黙や人間関係の崩壊、職場での孤立など…このつの方法を試してみてください。これであなたにも幸せな日々が訪れますように…。

更新日: 2015年01月12日

590 お気に入り 105065 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

z213xxさん

大人なら世間話ができて当たり前?

「人見知りは治るでしょうか?」「性格は変えられますか?」

こんなにコミュニケーション能力のない私は、異常なのでしょうか…?

職場・習い事・近所など相手を選べない人間関係の中で最低限の和を保つ為の世間話が苦手です。

会社の上司とか、会社の取引先の人とか、それほど親しくない間柄で
「短時間で世間話をして盛り上げなければならない」
という状況がとても苦手です。

世間話が苦手な人は割りと多い

世間に流れる“ママ友”をめぐる噂を聞くと、「私大丈夫かな…」「おしゃべりの輪に入っていけるかな…」と不安になるお母さんもきっといることでしょう。

世間話が苦手なあなたへ3つの克服する方法

現実には「世間話ができてナンポ」といわれる世界があるため、苦労します。

1.無理をしないでまずは質問する

会話が苦手な方にまず第一に覚えておいて欲しいテクニックは、無理して自分から話そうとしない

ポイントは、
①「相手が即答できるくらい具体的」で、
②「答えて差し支えのないもの」、そして
③「会話の幅があるもの」です。

誰かとの間に共通点を見つけると、実のある会話を始めやすいです。自分のことを話したり、気の利いた冗談を言う必要はありません。相手に話してもらいましょう。

2.聞き上手になる

聞き上手な人は、相手から気持ちを聞きだすことを真っ先に優先します。

相手の話の腰を折らず、相槌を入れながら、
相手の話を、こちらが楽しそうに聞くと言う態度が、
人間関係にとても大切

会話の原則は「最後まで相手の話を聞く」ことです。

3.常に話題を考えておく

飲み会や接待の予定が入ったら、出席する人たちの顔を思い浮かべて、あらかじめ何を話すか考えておくといいでしょう。

話のネタを決めたら、頭の中で会話している自分をイメージしてみます。

会話のネタは、人によって変わりますので、相手によってどんなネタを用意しておくか考えてみましょう。

こんなことには注意しよう

1 2