1. まとめトップ

【人類滅亡?】2045年問題について

【閲覧注意】2045年まであと30年。我々人類の行く末とは・・・

更新日: 2019年01月06日

14 お気に入り 99105 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tainoyoさん

今からする話は、2045年に到来すると言われている

【技術的特異点】 シンギュラリティというものについての話。

まずこれが地球の歴史における主要なパラダイムシフト

3,700,000,000年前
生命の誕生

1,300,000,000年前
真核細胞、多細胞生物

550,000,000年前
カンブリア大爆発(身体設計の多様化)

330,000,000年前
爬虫類の誕生

200,000,000年前
哺乳類の誕生

80,000,000年前
霊長類の誕生

30,000,0(0年前
ヒト上科の誕生

7,000,000年前
ヒト科の誕生

3,900,000年前
ヒトの先祖が二足歩行

1,800,000年前
ホ.モ・エレクトスが特化された石器を発明

1,000,000年前
話し言葉の発明

300,000年前
ホ.モ・サピエンスの誕生

25,000年前
絵画、初期の都市

10,000年前
農業の発明

5,000年前
文字・車輪の発明

2,510年前
都市国家の発生

550年前
印刷・実験的手法の発明

225年前
産業革命

130年前
電話・電気・ラジオの発明

65年前
コンピューターの発明

27年前
パーソナル・コンピュータの普及

このように、人類の知能は爆発的な速度で指数的に進化してるのが分かる
次に起こるのが2045年、シンギュラリティだと言われている

世界中の物理学者や宇宙学者、未来学者は
2045年前後で、全人類の知能がコンピューターに勝てなくなると予想している

今から丁度30年後だ

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
何回人類滅亡するんだよ

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
30年したら碁の相手に困らなくなるのか
いいな

20年位前に、コンピューターがオセロを打てるようになった
そこから数年後、人間がオセロでコンピューターに勝てなくなった

チェスは、IBMのディープブルーなどといったソフトが開発されていき 2009年頃、人類が明確にコンピューターに勝てなくなった

そこから数年後、日本のニコニコ生放送において
プロの将棋棋士が、コンピューターに勝てなくなった。

コンピューターの進化は直線的ではなく指数的で
1・2・3・4・5・・・と30カウントすると、人は30歩進むことが出来るかもしれないが、これは直線的である

コンピューターは、30カウントの間に
2・4・8・16・・・と、30カウント後に10億に達する速度で進化していく

2,045年以降、もしシンギュラリティが引き起こった場合
コンピューターは更に凄いコンピューターを自分で作るようになり
コンピューターに作られたさらに凄いコンピューターは更にすごいコンピューターを作るようになり・・・

以下ループし、人類は一気に置いて行かれることになる

グーグルの最高開発責任者、レイ・カーツワイルはTEDでもこう述べている

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
更に凄いコンピューターって具体的にどうすごいの?

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
コンピューターがコンピューターなんか作れんのか?
アルゴリズム通りの動作しかできないのに

18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>15
その考えがすでに古い!
人間だって何かしらのアルゴリズム通りに動いているのだろう
どれだけ複雑であるかの違いしかない!

その複雑さが性能向上によって人類を越える

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>15
早く処理できるてるかどうかということをプログラミングしておけば、
それを使って、ソートアルゴリズムから発達させて
巡回問題を解けるようになるだろうな

猿が一匹ずつ別にキーを打たせて小説を作らせるようにすればいいんだから
そのスピードが桁違いなわけだし。

>>15
こういう考え方がまさに馬鹿な人間を象徴するような直線的な感性というか感覚。

コンピューターは指数的に収穫加速を繰り返し
次のブレイクスルーやイノベーションの開発までの期間が爆発的に短くなる

ドラえもんが生まれるのは、漫画の中だと2112年の話で
当然、その時にはタイムマシンやどこでもドアなどが実現している、というストーリーなわけだが

自分は正直、これがかなり現実味を帯びてきたように感じる
同じように考える科学者はきっと世界中に沢山いると思うし
とくにグーグルやNASA、シリコンバレーを中心とするような大企業の開発者たちはそう思ってるに違いない

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
何回滅亡されても滅亡しない地球ってやっぱすげえわ

現在既に、コンピューターの進化が生活に重大な影響を与えている

インフラも家電も健康状態も全てコンピューターで管理されているし
あらゆる現場で単純作業がコンピューターに奪われ始めている

まずオンラインショップが主流となり始めたことで小売の場所代や人件費が不要になったし
サポート対応なども、機械のアナウンスで番号のあとに1を、2をなどと振り分けられるようになったし
ネット上で集約されたビックデータを活用するビジネス戦略だったり
あらゆるところで人工知能やコンピューターの活用が必要不可欠になってきている

20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
医学ってどのくらいの速度で進んでるんだろう
ハゲを直す薬はよ

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
>>20
それはもうできてるよ?
iPS細胞で!

ただ発がん性とかの問題で実用化はまだ先ってだけ!
頭皮に注射するだけOKという素晴らしいものだよ

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
まーた人類が滅亡してしまうのか

ムーアの法則というのがあって
18ヶ月でコンピューターの計算能力が2倍になるというものなんだが

例えば、今のコンピューターやチップのモデルではムーアの法則に限界が来るような事はある
でも、実は長い歴史で見ると、そのタイミングでパラダイムシフトが起こるだけで
実は、進化の速度、つまりムーアの法則が減速した事は過去ないんだそうだ

コンピューターのパラダイムシフトは、コンピューターが誕生した1946年から何度も繰り返されており
元々はフォン・ノイマンが考案した真空管型からはじまり
それに限界が来ると今度はトランジスタ型がムーアの法則で進化し続け
それに限界が来ると今度はICチップ、いわゆる集積回路型のコンピューターが順調に進化し続けた
今あるコンピューターの次に起こる第6次パラダイムは、3次元自己進化型分子回路だ

次のコンピューターは人間の脳をモデルとして
従来のコンピューターの強みと、人間の脳の強みを掛け算したようなものになる

30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
どんなに賢い人間も偉い人間もコンピューターも俺がバットで殴れば壊れるんだ

欧米では現在、人間の脳機能を完全に解明しようとする国家プロジェクトが進んでいて
brain mapping projectだとか言われてるらしいが、数千億規模の国家予算が投じられている

表向きは脳機能を解明して、医療の発達を目指すものだが
実際は脳機能が解明されると、そのままロジックを新しい人工知能やコンピューターに転用できるようになるので
IC型の今のコンピューターの次の世代の知能を生み出すべく、日夜研究開発が奨められている

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
未来技術でハードウェアの問題は解決されると仮定しても
どうやって強いAIが作られるのか

33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
最初の超知的マシンが人類の最後の発明となる。

かっこいい

最近だとNHKが2015年新年一発目の目玉ドキュメンタリーとして
next worldという、シンギュラリティとそれに伴う社会の変化を特集した番組を放送した

コンピューターの進化は技術者以外にはあまり意識し辛いかもしれないが本当に爆発的で
例えば25年前にはビルまるごと一個全部にすっぽり入るほど巨大だったコンピューターが
今じゃスマートフォンサイズにまで小さくなり、性能も向上してる

今後25年では、今のスマートフォンサイズの機能を備えたコンピューターは
なんと血液の中を流れるサイズとなって、体内の問題を除去する事が技術的に可能になるという

ナノテクノロジーだ

36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
ナノマシンの自己複製の問題を思い出したじゃねえか!

コンピューターの進化が最初に齎すのは医学の爆発的な進歩で
例えば、100年はかかると言われてスタートしたゲノム解析は何と13年で完了してしまった

これも全て、コンピューターの性能の進化が人類のイメージを超えていることが原因なわけで
例えば現代でもすでに、DNA検査などで、その人がどんな病気になりやすいかが分かってしまう時代になった

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーなどは
このゲノム解析によって癌のリスクを知り、まだ発症していないにも関わらず
乳房を予め切除してしまうという選択をした。こんなの以前では考えられなかった事だ

将来的には全ての医学的な問題が
コンピューターの計算や演算、問題解決への予測や回答によって治る時代が来る

iPS細胞の誕生なども、基本的にはコンピューターの進歩なくしては有り得なかった技術だ
あらゆる病理モデルや遺伝子的な要因、細胞や神経の動き方などは
脳機能が2020年くらいまでには解明されるという予測と同様に、コンピューターの進化によって解明される

原因がクリアに成ることはつまり
あらゆる問題が解決されることを示している

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします
ファインマンも随分前にナノテクノロジーの躍進を予言してるんだっけ?

1 2 3