1. まとめトップ

祝!カー・オブ・ザ・イヤー記念 ハスラーの魅力を徹底分析

2014年のカー・オブ・ザ・イヤーに見事輝いたスズキのハスラー。軽自動車というサイズのハンデを乗り越えたその魅力を徹底分析します。

更新日: 2015年01月12日

5 お気に入り 9919 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2014−2015年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤーをハスラーが受賞

ハスラーの魅力を徹底分析します!

可愛らしい外観

可愛らしい2トーンルーフを多数用意しています。

可愛い丸目のヘッドライトも愛嬌たっぷり

フロントフェイスほど特徴的ではありませんが、すっきりとしたリアビューもハスラーの魅力の1つ

サイドからみると箱型のスタイルが強調されますね。

可愛らしいインテリア

出典gazoo.com

外装色がオレンジのモデルのみ、インパネのカラーはオレンジになります。遊びココロに溢れたポップなデザインに惹かれます。

白内装も飽きがこなそうでいいですよね。シート縁のパイピングが可愛らしいです。

意外としっかりとした基本性能

トランクは汚れが付きにくい材質となっています。

意外とタフな悪路走破性

4駆であればこんな道も大丈夫。ただしくれぐれも過信は禁物。無理の無い範囲で。

インパネの下に4WDモデルのみ追加されるボタンがあり、ヒルディセントコントロール、グリップコントロール、シートヒーターの3つが用意される。

もちろんエコ性能もバッチリ

あくまで参考ながら、試乗燃費(車載燃費計)は、ターボが12.6km/L、NAが16.8km/Lだった。
JC08モード燃費は、それぞれ25.0km/Lと29.2km/Lだから、実用燃費はおおむね半がけという感じ。

まあ実際はこんなところだと思いますが、走り方によってはもっと良くなるのでは無いでしょうか。

記念モデルも発売!

専用カラーとフロントのハスラーロゴ、白ホイールの組み合わせが特徴。オリジナルのポップなカラーリングとは異なりシックなカラーリングが個性的。

基本的な性能がしっかりとした上で、可愛らしい外観、内装と悪路走破性という相反する要素をうまくまとめたことがハスラーの魅力ですね。

1