この飛沫の大きさがおおよそ5マイクロメートルの塊になるため、この侵入を防ぐことが、マスクの性能として求められるものです。

出典マスクの種類と使い方|鳥インフルエンザ(H5N1)対策情報サイト|セコム株式会社

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

間違ってない…?マスクの使い方で知っておくべき5つの対策

風邪や花粉症で、咳やくしゃみが出る場合にはマスクを必ず着用しますが、着用方法を誤ると効果がないこともあるようです。特に冬は、インフルエンザが流行するため、正しい使い方が重要となります。どのような対策をすればよいのでしょうか?

このまとめを見る