1. まとめトップ

運じゃなく 勝率が上がるジャンケンの勝ち方教えます

勝負事は負けると悔しいものですが、ジャンケンの勝ち負けで強い人と弱い人では、なにが違うんでしょう?一対一、連戦の場合、あいこの時どうする?沢山の人数でのコツなど、ここ一番絶対に負けたくない時に覚えておきたいジャンケンの勝ち方を紹介します。

更新日: 2015年01月13日

2 お気に入り 49372 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

勝敗のゆくえは運しだいだと思っている人が多い?

「なんだかじゃんけん弱いんだよな~」などという人がいると思いますが、それは戦略がないから、だそうです。

ジャンケンに対する反響ツイート

なんと、ジャンケンには必勝法がある。 ジャンケンの時、同じ手を続けて出す人は少ない。 これを利用して、前回相手が出した手に対し、 負ける手を出せば勝てる。

普通ジャンケンって勝率5割だよね? 今日の僕は2割を下回ってるんだけど何でだろ?

ジャンケンの勝ち方ウンチクあれこれ

じゃんけんは、「グー・チョキ・パー」と、どれを出しても勝つ確率は1/3なので、一緒などと思われがちですが、実際は違います。

1番出されやすい手というのは、グーとパーで、その理由は瞬時に手を作りやすいという理由から人間は、この2つに偏ってしまいます。

相手が準備していないうちにじゃんけんを仕掛けるのも有効

多くの人は「最初はグー」に馴れているので、とっさの時には「グー」を出しやすい傾向にあるそうです。そこで、あなたは「パー」を出せば見事勝利、というワケです。

特に男性に多い傾向として、最初にグーを出すそうです。

これはグーに「強い」とかそういうイメージ、いわゆる殴るとかそういうイメージを抱いているため、らしい。

大きい一発勝負だと相手は最初に緊張してチョキは出さない

予告して、予告した通りに出す。勝っても負けても、心理的に勝てる

■じゃんけんで勝つ!確率を飛躍的に上げる方法あれこれ

最も勝ちやすいのは35%の確率で勝てるパー

最初に出す手で、最も相手が出す確率が高いのはグー(35.0%)、次はパーで(33.3%)、最も少ないのはチョキ(31.7%)。2回続けて同じ手を出す確率は22.8%。

「最初はチョキ」でお願いしますといって最初はチョキでじゃんけんする

決着がつくまで パー → グー → チョキ を出し続ける

「グー宣言」すると、相手は「パー」は出しづらくなる為、「グー」か「チョキ」を相手は出してくる。

その為、宣言通り「グー」を出せば負けないといったテクニックです。

かけ声は「最初はチョキ」で、パー、グー、チョキ→パー、グー、チョキを繰り返すべし!

どうしようもなくなったらパー

相手もこちらと同等の戦略を駆使してくる相手である場合、最終的に次に何を出せばいいのか分からなくなる、つまり手が読めなくなる場合があります。そういう場合は運任せではなく、「パー」を出せばまだましな結果が期待できます。

■あいこになったら?

相手は次の手として「今、あいこになった手に勝てるものを出す」傾向が強いそうです。

パー同士であいこになったら、相手はチョキを出す可能性が高いとのこと。この場合だとグーを出すと勝てる確率があがりますね。

あいこになったら、今の相手が出している手に負ける手を出せば勝つ、またはあいこで勝ち残れる。

もちろんこれは確率の話。チョキを出しやすいクセのある人もいれば、パーしか出さない人もいます。

■じゃんけんで連戦する際のベストな戦略

1回目のじゃんけんで負けた場合には、相手が直前に出した手に勝てる手に切り替え

1 2