1. まとめトップ

話題の仮想通貨エターナルコインとは?

2015年の1月についに市場がオープンした「エターナルコイン」日本発の仮想通貨として話題になっているがどこまで主流になるのか!?

更新日: 2016年01月19日

10 お気に入り 36500 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sibaken0000さん

エターナルコインとは?

新しい決済システムとして、既に世界中で人気が高まっている仮想通貨。
有名な仮想通貨ビットコインは日本の企業でも続々と導入準備開始!!
そんな中、今年1月についにサービスが始まった「エターナルコイン」とはいったい!?
他の仮想通貨との違いは?

2015年1月8日についに市場がオープン!
リリースがたくさん出ています。

仮想通貨ってなに?

仮想通貨とは、従来の国家や中央銀行が管理・発行するものではなくインターネット上にデータとして存在する決済手段です。

紙幣、硬貨は発行されておらず、決済は金融機関を通さないため、諸経費や手数料などが殆ど発生しません。
また、送金にかかる時間も数秒~数十秒で完了します。

他にも色々ありますが、主流になるにはかなりの広告戦略と利便性が必要でしょう。

エターナルコインはどこで取引できるの?

東京都中央区に本社がある株式会社エターナルリンクという広告代理店が運営するゲートウェイ「エターナルライブ」で取引が可能な2015年1月8日にオープンした日本発の新しい仮想通貨です。

Extensive customer orientation on the first virtual currency exchanger in the Philippines.
Have the chance to know the features of the safe and secure "Token Hub".

ついにフィリピンにも取引所がオープン

総発行枚数はビットコインの2100万枚、リップルは1000億万枚。
対してエターナルコインは2000万枚と希少性があり、
最少取引単価も0.00001コインから取引OK!

エターナルコインの特徴

エターナルコインの4つの特徴
●特徴1 
 現金を持ち歩かなくても良い!
●特徴2
 決済のスピードが数秒で完了!
●特徴3
 クレジット決済のような後払い不要!
●特徴4
 手数料がほぼ無料!

4つの特徴を下の動画で詳しく説明しています。

エターナルコインは、日本発の仮想通貨で、2015年1月8日にオープンしました。
リップルとも交換可能で、日本円(JPY)としていつでも現金化することが可能です。

エターナルコインの取引所エターナルライブの運営会社である。
株式会社エターナルリンクは、広告代理店であり、エターナルコインを一気に普及させるだけのノウハウを持っています。

コインの利用者と支払い可能店舗をどこよりも早く展開し増やすことができれば、市場を確保することができ、市場としての価値も上がり、投機目的ではなく便利だから利用したいという純粋なユーザーが増えてくれます。

どうやって普及させるの?エターナルコインの戦略とは?

日本発の新しい仮想通貨を作った。
これだけでは数ある仮想通貨の一つにすぎませんが、エターナルコインがすごいのは、このコイン自体に価値をつけていく取り組みを積極的に行っていることです。

株式会社エターナルリンクはもともとは、広告会社ですので、PRに関しては戦略的に行っていき、かなりの認知度拡大が見込めそうです。

そもそも積極的にPRしている仮想通貨は日本にありませんからね。

さすが広告代理店ですね。

エターナルライブでは様々なイベントやキャンペーンなどを行い、エターナルコインを積極的にPRしていきます。

1 2