仕掛け人は主に、華僑、中華の食材屋、本国で、日本で荒稼ぎしたい中国人を募集する。
一方で、日本側ではスポンサーを探す。銭儲けしたい人。スポンサーが金を出すと、適当なテナントを探して、アッという間に中華料理店が出来る。看板屋が定番のテンプレートで、派手な看板を作ってくれる。昨今広まっている多くの台湾料理屋、と称する派手めの店舗の中華料理屋さんの多くがこの流れと考えられます。厳密にはチェーンではないですが、メニュー構成等もほぼ同じであったり。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

最近全国的に広がりつつある謎の台湾料理屋っていったい

最近コンビニの跡地等に爆発的に広がる謎の台湾料理屋、これっていったい??

このまとめを見る