1. まとめトップ

銀杏を食べ過ぎるのって本当によくないの!?!?

銀杏をたくさん食べるとお腹によくないというのは迷信だと思っていましたが、先日銀杏を食べ過ぎたらあれれ、めっちゃお腹が痛い!!

更新日: 2015年01月14日

0 お気に入り 2719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

中国原産。街路樹など、全国で普通に見かける樹木だが、分類上は奇異な位置にあり、例えば広葉樹・針葉樹の区分では如何にも広葉樹に該当しそうだが、むしろ特殊な針葉樹にあたる。この果実や種子が銀杏(ギンナン)と呼ばれます。

◆銀杏を食べ過ぎた時に起こる中毒症状◆

ぎんなんは非常においしい食材ですが、食べ過ぎるとまれにまれに頻脈・ふらつき・嘔吐・痙攣などの中毒症状を起こす場合があります。

やはり食べ過ぎはダメなようです。

銀杏には滋養強壮をはじめ、膀胱や肺を温める働きがあり、ぜんそくの治療やせき止め効果があるなど、非常に身体に良い食品です。しかし一方では、銀杏を食べ過ぎると中毒症状を起こす危険性も。銀杏の食用の死亡例は第二次世界大戦前後に多く見られ、最近では症例などですが、決してまれなケースでもなかったようですね。

身体にいいものですが、死亡例まで!こわいですね。

記事

どんなにおいしくても、食べ過ぎはよくないんですね。お子様は特に注意が必要みたいです。

食べ物・健康法の迷信、色々あります。

終わりに

やはり迷信は信じすぎず、また、身体にいい食べ物でも食べ過ぎないことが一番の健康なんだなと思いました!

1