1. まとめトップ
  2. カラダ

挫折した人も試したい!夜型から朝型に変える方法

成功者に早起きが多いというのはよく聞く話です。しかし、朝型になるというのはなかなか難しいもの。そこで、無理をしないで朝型になれる方法を紹介します。

更新日: 2015年01月14日

kinokojpさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1277 お気に入り 180904 view
お気に入り追加

朝型にするってなかなかつらい・・・

あー朝型に戻したい。 夜勉強してたら、やっぱり授業中眠いわ

朝番3ヶ月目ですけどいまだ夜型がなおらないやーつ

成功者の多くは「朝型」だった?

朝型になるメリットは、仕事の生産性が上がる、毎日が楽しく感じられる、勉強の効率が上がるなど、様々です。

年収1000万以上向けの転職サイト『ビズリーチ』の登録会員1995人を対象とした調査によると、朝型44%・夜型33%という結果になりました。高所得者は朝型人口が多いようです

まず早朝の勉強は、起き掛けなので、頭が整理整頓された直後です。
睡眠中には、前日に海馬にインプットされた情報が、重要度に照らして取捨選択され、きれいに整理整頓されます。

朝時間リストを作ることで、明日の朝に何をやるか考えているだけで、自然と楽しい気持ちで目覚められるようになる

成功している人の多くは、朝を生産的に活用することが成功につながると言っています。いくつか微調整するだけで、1日の始まりの2、3時間を最大限に活用できます。

朝型になるために試したい方法

▼睡眠をしっかりとる

ぐっすりと眠るためには、パソコンなど、仕事に関係するものをベッドのまわりから追放してしまいましょう。

夜に自室で蛍光灯をつけっぱなしにしている人は是非試してみてもらいたい。
スタンドは高価なものである必要はまったくない。
夜は暗いもの。

睡眠障害を治したい、あるいは朝型生活に戻したいという方は、まずは体に取り込む光の量を朝と晩で調整しましょう。

睡眠の質で睡眠の量(時間)を代用することはできません。
つまり、質を良くすれば、睡眠時間を削れるというものではなく、あくまでも「自分にあった睡眠時間」が確保される必要があります。

睡眠時間を削ろうとしてはいけません。
寝る時間も早めるようにしましょう。

▼夜にやるべきことをやっておく

多くの簡単な作業や用事をやり残して、朝という1日の1番忙しい時間に回してしまうことはありませんか?

翌朝の準備を前日夜にしておくだけで、朝の目覚めが気分良いものになります。

目的なく早起きすれば、また眠くなって布団に逆戻りしてしまう。
だから、早く起きた時間で何をするかを前の晩に決めて眠るようにしよう。

せっかく早く起きても、やり残したことがあっては朝の時間を有意義に過ごせません。

▼徐々に時間をずらす

まず大切なのは、起きるタイミングを一気に何時間も早めるのは失敗するということです。

毎日少しずつ体をならしていき、ゆっくり時間をかけて自分の生活リズムを変えていくわけです

早起き⇒早寝⇒早起きというサイクルを繰り返し体に覚えさせれば、数週間で朝型人間に生まれ変わることができます。

1 2





kinokojpさん

最近復活しました。
まとめトップに入れるよう頑張ります。

このまとめに参加する