1. まとめトップ

【要確認】そのSIMフリースマホ FOMAプラスエリアに対応してますか?

格安SIMの登場で日本でも発売されるようになった「SIMフリー」のスマートフォン。価格やスペックにだけとらわれがちですが、もうひとつ確認しておく事があります。それは対応周波数です。ドコモのMVNOは特に「FOMAプラス」の周波数に対応しているか否かポイントになってきます。購入前に是非ご確認を!

更新日: 2017年11月09日

0 お気に入り 17134 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tmkn101さん

FOMAプラスエリアって何なの?

NTTドコモのFOMA周波数帯の1つで、通常のFOMA 2.0GHz帯ではなく、800MHz帯のこと。都心部では2.0G帯が中心になるが、山間部などは800M帯になる。これは、800M帯のほうが障害物の影響をうけずに電波が届きやすくなり、広範囲で利用可能なため。また、都心部でもビルの合間などでは、800MHzで隙間をカバーしている。

800MHz帯は「FOMAプラスエリア」と呼ばれていて、2100MHz帯(FOMAエリア)を補間するような形で地方や山奥などに対応しています。

都市部ではほとんど2GHz帯なので問題ありませんが、地方や田舎だとFOMAプラスエリアが生きてくるので痛い結果です。

やはり「電波の掴みが悪い」という印象を持つ人が多いようです。

PHOTONはfomaプラスエリア(800MHz帯)に対応していないので、docomoの通常のfomaプラスエリア対応端末に比べ電波のつかみが悪くなります。体感としては電波がつながるエリアは(900MHz帯を使用していない2012/4/1現在においての)SoftBankと同程度でした。室内が弱い感じです。(自分が使用していたところは主に都内です。他のエリアはちょっとわかりません)

これは推測ですが、マイクロセルでも埋めきれない穴を埋めるための補強と、「壁の向こうには800MHz帯のほうが届きやすい」とのドコモの発言から考えると、屋内向けに電波を送るためと思われます。

やはり屋内では電波の掴みが弱くなるのかも

つまりdocomoではFOMAサービスエリア(プラスエリアは使用不可)のみで使用することになるため、山間部やビルの中などでは、つながりにくい可能性もあります。とはいっても、天下のdocomoですので、都市部はもちろん、人の住んで居る場所では問題なく使えます。

それほど心配ないという方も

都市部なら多分WCDMA Band 1とLTEだけでも問題ないでしょう
今プラスエリアが使えないLG G3という機種でドコモ回線使ってますが、名古屋近辺だと問題なく使えてますね

確認は必要だけど、日常的にはそれほど問題なさそう。

エリアや速度が異なってきます。ドコモのネットワークを生かすには、できるだけ幅広い周波数帯に対応した端末を選ぶのがベストと言えるでしょう。

対応しているに越したことはありません。

参考リンク

1