1. まとめトップ

■Tカード、Pontaカードの対抗カードとして登場したRポイントカード

このカード、実はメリットだらけなのです!

▼メリットその1「楽天スーパーポイントが貯まる、そして加盟店で使える」

サークルK・サンクス
ポプラ・生活彩家
出光サービスステーション
大丸
松坂屋
ミスタードーナツ
カフェ&バー PRONTO
パレットプラザ・55ステーション
ミュゼプラチナム
得タク
アリさんマークの引越社
引越しは日通
釧路ポイントカード事業協同組合

楽天市場のお買い物で貯まったポイントで、サークルK・サンクスのおにぎりが買える!サークルK・サンクスのお買い物でもポイントが貯まるし、出光サービスステーションでガソリンを入れても、カードを提示すると、楽天スーパーポイントが貯まる!Rポイントカードは、Rポイントカード加盟店で、楽天スーパーポイントが貯まる・使える、便利でお得なカード

基本的に100円(税抜)の買い物につき1ポイント(店舗によって200円につき1ポイントなどを採用するケースもある)。Rポイントカードで貯めたポイントは、「1ポイント=1円」として、提携店舗に加え、1億7,000点以上の商品が揃う「楽天市場」など、ほかの楽天グループサービスでも利用可能だ。

▼メリットその2「楽天スーパーポイントの4重取りも可能」

1 楽天カード⇒楽天Edyにチャージ 【ポイント獲得】
2 楽天Edyで支払う 【ポイント獲得】
3 楽天Rポイントカード提示 【ポイント獲得】
4 「楽天チェック」でチェックイン 【ポイント獲得】

まず、「楽天カード」利用者向けの「楽天e-NAVI」にログインする。そこから「楽天Edy」にチャージをすると、200円につき2楽天スーパーポイントを獲得できる。2000円チャージした場合は20ポイントを得られる。

 次にポプラに行き、1000円(税抜)の商品を購入したとする。支払い時に「Rポイントカード」を提示し、チャージした「楽天Edy」で支払う。「Rポイントカード」の提示で100円(税抜)につき1楽天スーパーポイントを獲得できるため、10ポイントの獲得だ。さらに楽天Edyで支払うことで、200円(税込)につき1楽天スーパーポイント獲得できるため、5ポイント獲得できる。

 最後に、ポプラ店内で、「楽天チェック」を起動しチェックインすると10楽天スーパーポイントの獲得となる。

▼メリットその3 「楽天ID1つで、Rポイントカード3枚まで持てる。」

例えば3枚持っていて別々の機会に使ったとしても、

貯めた楽天スーパーポイントは、1つの楽天IDに付与されるんです。

使い方としては、いつものカードケースに入れておく、
車に入れておく。予備に持っておく。

あるいは、楽天IDを持っていない家族に渡しておくってことができます。

▼メリットその4 「万が一の時に、カードの一時停止も可能」

1枚ごとに一時停止・削除の設定もできるので、カードを紛失してしまったときに一時的に別のカードに追加登録したり、気分に応じてデザインの異なるカードを持ち歩くといった使い方も可能だ。

▼メリットその5 「楽天スーパーポイント 期間限定ポイントも利用可能」

期間限定ポイントを残すはもったいないですが、ポイント消化のために無理やり買い物をするのは面倒です。送料無料で安い商品を探すのは手間がかかりますね。

その際は、Rポイントカードで数十円~数百円の買い物をリアル店舗ですることによって、期間限定ポイントを消化することが可能です。

▽唯一のデメリットは、「紛失の際の悪用」

紛失して利用停止・削除までに不正利用された場合の補償はありません。これが大きなデメリットです。例えば、数千ポイントの楽天スーパーポイントが貯まっているIDとリンクさせたRポイントカードを紛失した場合、大丸・松坂屋で高額のものを買われてしまう危険性があります。

■こんなにもお得な「Rポイントカード」入手方法は?

▼入手方法その1「加盟店で手に入れる」

Rポイントカードは加盟店にて配布・販売しております(一部の店舗を除く)。

1. 加盟店でカード本体をもらう。「サークルKサンクス」、「ポプラ」、「出光」で先行配布しています。個人的にはサークルKサンクスのカードが一番かわいいです♪

2. もらったカード付帯のパンフレットの指示通りにインターネットから登録。(大した手間はありません)

3. 登録したカードを自分の楽天スーパーポイントと紐付けする。これもインターネットで、指示通りに入力するだけ!

▼入手方法その2 「アプリで手に入れる」

1 2





otoku0101さん

話題のニュースをまとめていきます。