1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

毎年17万頭の犬や猫が「殺処分」されている

日本の犬や猫たちは毎年20万頭以上が保健所に収容されて、そのうちの17万頭が無残にも殺処分されています。

その殺処分の方法は、安楽死ではありません。

二酸化炭素ガスの注入による窒息死です。
殺されるペットたちは数分間、もがき苦しんで、本当に苦しんで亡くなっていきます。

引き取られた日から命のカウントダウンが始まります…

出典grapee.jp

一日経過するごとに檻を移されていき、
最終日の部屋に入ると追い込みがあります。

追い込まれた先にはベルトコンベアのような状態になっておりガスが噴射されます。

ガス室に入れられてもしっぽを振り飼い主を待つ犬…
コンベアに乗ると何かを察知するのかしんと静まり返るという

犬はそこまで馬鹿ではありませんから、自分の身の置かれた状況を理解しているのかもしれません。

これを見ても「安楽死」と言えますか?

安楽死じゃないんだよ。 犬猫の殺処分は。 苦しみながら、死ぬんだよ。 生きたまま焼かれる子もいるんだよ。 死にたいわけないじゃん。 引き取ってなにが悪い? 自己満?それでも結構だよ!

だいたいペットショップで何十万する 動物達そうそう売れる訳ないじゃん。 そんな余った子たちが年間17万頭 窒息殺処分です。 安楽死なんかありません。 私にできることはペットショップに 行かないことと、ツイッターで 真実を広めることぐらいです。

「動物愛護活動家」の杉本彩さん

タレントの杉本彩さんは、女優や小説家といった肩書きのほかに、「動物愛護活動家」としての顔をもっている。

薄利多売で子犬や子猫が無計画に生産されている

子犬生産工場、パピーミルと呼ばれているところで、子犬や子猫はどんどん生産されています。
無計画に生産された子犬や子猫は、今度はオークションに出されます。
オークションに出品された子犬や子猫を、ペットショップの小売業者が競り落とします。

オークションに出る子犬や子猫は、ほとんどが生後8週間以下の、本来ならば親や兄弟から離すべきではない、とても小さな時期にオークションの流通に乗ります。そのような悪環境の流通過程において、行政が把握していない数の子犬や子猫が命を落としています。

タレントの中川翔子さんが保健所から9匹の子猫を救い里親を見つける!

飼い猫のマミタスの写真をよくブログなどで紹介し、
大の猫好きで知られる中川翔子さんが
長崎の保健所から9匹の子猫を保護していた!

そして早くも、9匹のうち4匹の里親が見つかったとのこと。

九州在住で里親希望の人には、福岡ライブでの引き渡し対応も行うとのことだ。

実際に保護した猫のTwitter

「長崎保健所から保護したこ。三毛ちゃんカワユス!すてきな里親さんに出会えますように!」

「子猫の体の負担を楽にするためにも地元で里親さんが見つかるのが一番です、よろしくお願いいたします!」

ドイツでは捨てられた犬、飼い主が飼えなくなった動物を絶対に殺しません。

ドイツには殺処分場は1つもありません。

その代わりに里親探しのための「動物の家」というシェルターが、500を超える数あります。

  動物の家には、犬猫に限らず、馬や鳥、豚、ウサギ、蛇など沢山の種類がいます。
動物の家に保護され暮らしている動物たちに「滞在の期限」はありません。

わたしたちができること。

保健所にいる動物の里親募集のサイトを見て下さい。

1