1. まとめトップ

【画像あり】大経大の車内広告が怖いと話題に(閲覧注意)

大阪経済大学(大経大)のハロー効果を体現した車内広告がちょっと怖いと話題になっています。この広告にTwitterでは様々な反応が。

更新日: 2015年01月16日

0 お気に入り 4424 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼ 話題の広告

広告タレントが
商品イメージを左右する。
それがハロー効果。

広告タレントのイメージが、商品のイメージに影響を与える。それがハロー効果。
爽やかなタレントを起用する。きちんとした身なりにする。
など広告やマーケティングにたくさん応用されています。

商品や相手の印象をハロー効果で決めていないか、と考えるだけで、人生がちょっとだけ面白くなるはずです。

一瞬、ちょっとドキッとしてしまいますね。

▼ そもそもハロー効果とは?

ハロー効果(ハローこうか、英:halo effect)は心理学者エドワード・ソーンダイクによって名づけられた造語で、心理的効果の一つ。ある対象を評価をする時に顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のこと。認知バイアスの一種である。

なるほど。それを広告で体現しているわけですね。

▼ でも、ちょっと怖すぎ!?

え、このお茶の広告、 大経大なん?(泣)(泣)(泣)

大阪経大のお茶のポスター怖すぎチビる

皆さん、ドキッとしている様子。

▼ 一方でこんな感想も

大経大の電車の広告がクール! ハロー効果という理論に基づいてるらしく、ためになりました。 そういや、毎回勉強させられるなぁ〜この大学って、ゼミがすごいんやって〜

まさかさっきの電車で見て怖いと言った大阪経済大学の広告に助けられるなんて思ってもみなかった。ハロー効果テストに出てきた

大阪経済大学の電車広告にハロー効果って書いてあってテンション上がった

大阪経済大学の広告いちいち面白くて刺激あるんだよなあ…すごく気になる

刺激的、勉強になったなど様々な感想が。

1