1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いまだ執行される「むち打ち刑」その痛みはどれほどなのか?

サウジアラビアで、インターネット上でイスラム教を侮辱したとして有罪判決を受けた活動家の公開むち打ち刑が一部執行されたことがわかった。各国でいまだに執行されている「鞭打ち刑」。その痛みはどれほどなのか?

更新日: 2015年01月16日

11 お気に入り 404107 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rainshineさん

ムチ打ち1000回の刑を言い渡された男性

リベラルなブロガーで活動家の男性、ライフ・バダウィ氏が、イスラムを侮辱したとして、サウジアラビアの裁判所から1000回の「むち打ち」の刑を言い渡されたと伝えた。

男性はインターネットに自ら開設した討論サイトでイスラム教を侮辱したなどとして昨年、禁錮10年に加え、むち打ち千回の判決を言い渡された。

痛ましい執行

むち打ちは50回ずつ、20回に分けて執行される。その初回が9日、サウジ西部ジッダで公開された。

目撃者が人権団体に語ったところによれば、手枷と足枷をされたバダウィ氏はバスでジェダという街に運ばれ、アル・ジャファリ・モスク前の公共広場へ連れ出された。そして群衆の前で、15分間も打たれ続けた。

バダウィ氏は頭を高く上げて目を閉じ、背をそらした姿勢で、背中と両脚にむち打ちを受けた。声をあげることはなかったが、その表情や体の様子から強い痛みを感じていることがうかがえたという。

これに批判が高まっている

ウェブサイト上での発言で「イスラム教を侮辱した」として、サウジアラビアの人権活動家ライフ・バダウィ受刑者がむち打ち刑を受けている問題で、国連のゼイド人権高等弁務官は15日の声明で、刑の執行中止を求めた。

国連のゼイド人権高等弁務官ゼイド氏は、むち打ち刑は「残酷かつ非人間的な刑罰で、サウジも批准する拷問禁止条約によって禁じられている」と指摘、サウジ国王に恩赦を求めた。

米国務省のサキ報道官は8日の声明で、被告は「表現と信教の自由の権利を行使しただけだ」としてサウジ政府にむち打ち刑の執行中止と判決の見直しを要求していた。

他の国でも行われている「鞭打ち刑」

インドネシア西部のアチェ州議会は、イスラム教の教えを根拠とするイスラム法(シャリーア)に基づき、同性愛行為を最高100回のむち打ち刑の対象にする条例案を全会一致で可決した。

むち打ち刑は植物のトウで作られた細い杖を使い、公開の場で実施される。代わりに一定量の純金を納付する罰金刑や、刑務所で服役する刑を選んでも良いという。

条例案では、同性愛行為に最大100回のむち打ちが科されるほか、配偶者以外と性交渉を持つ姦通(かんつう)罪もむち打ちの対象となる。イスラム教徒以外や外国人にも適用される。

シンガポールでは罰金刑の他に、鞭打ち刑というものがある。この刑は外国人も対象になっており、欧米人もしばしば刑を執行されている。

法律において直径1.27センチメートル以下の籐製の鞭を用いることが定められています

シンガポール政府は、いまだ1年に約1000人以上に鞭打ち刑を執行している。つまり、1日に2人から3人は毎日、鞭打ち刑を受けているということだ。この刑を受けるのは16歳〜50歳までの男性と決まっていて、刑によって打たれる回数が決まっている。

日本では考えられない理不尽な執行理由も...。

バングラデシュでレイプされた少女がむち打ち刑に処されるという出来事があったそうです。日本でなら強姦罪として男が罰せられるところですが、シャリーアに基づいて被害を受けた少女が101回のむち打ち刑に処されることになり、少女の父親には罰金が科されました。

実際「むち打ち」はどれほど痛いのか?

人によって痛みを感じる度合いは異なるでしょうが、とある4打の鞭打ちの刑の執行を受けた人によれば、鞭打ちを受けると出血をし、大の大人でも泣き叫んでしまうほどの痛みを伴うもののようです。

打たれた当初よりも、あとのほうが痛みが強く、受刑者は1週間は寝たきりになるそうだ。そして、痛みは1ヶ月経っても抜けないのだという。

程度にもよるが計り知れないものらしい...。

1 2