1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

糖尿病と診断されるHbA1c値は6.5%以上だが、本調査では、程度は軽いとはいえ前糖尿病状態のHbA1c値5.7~6.4%でも、HbA1c値5.7%未満より認知機能の低下が認められている。10年後、20年後の自分のためにも、気を引き締めて血糖コントロールをするべきだろう。

 基本はやはり、禁煙と適度な運動、そして食生活の改善である。

 もちろん発症予防に越したことはない。続けやすい習慣を一つ紹介しよう。1日1カップのヨーグルトだ。米ハーバード大学の報告では、1日1カップのヨーグルトで、2型糖尿病の発症リスクが18%低下する。

 英国のノーフォーク州の住民を対象とした研究でも、低脂肪ヨーグルトを週平均4.5カップ(1カップ:120グラム)食べていた人は、発症リスクが28%低下することが示された。

1