1. まとめトップ

アベンジャーズ2に登場するヴィジョンって?

実写版アベンジャーズシリーズ『Avengers:Age of Ultron』(エイジ・オブ・ウルトロン)に登場するニューフェイス、ヴィジョンのご紹介。

更新日: 2018年04月26日

29 お気に入り 459526 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネタバレ、今後の展開に関わるかもしれない内容があります。読む際はご注意ください。

ポール・ベタニー、新ヒーロー・ヴィジョンに!

映画『アイアンマン』シリーズに出演していたポール・ベタニーが、映画『アベンジャーズ』の続編に、新ヒーロー・ヴィジョン役で出演することが決定した。Varietyなどが報じた。
ヴィジョンは、同作でアベンジャーズの敵に回る悪のロボット、ウルトロンに開発された人造人間。だが後にアベンジャーズの一員になる…というのがコミック版での設定。映画版ではウルトロンをジェームズ・スペイダーが、スカーレット・ウィッチをオルセン姉妹の妹であるエリザベス・オルセンが演じる。

アベンジャーズ2新ポスター公開!

左からニック・フューリー、ホークアイ、ブラックウィドウ、ハルク、アイアンマン、キャプテンアメリカ、ソー、スカーレットウィッチ、クイックシルバーの順ですが、逆光になっている部分にヴィジョンらしきシルエットも確認できます。

さらに新ポスターでヴィジョン登場!

マーベル公式サイトにて映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」の新たなるポスター公開が報じられました。
これまでのPVやイメージの中でもほぼ露出の無かったシンセゾイド「ヴィジョン」がついにお披露目です。

ヴィジョンが数秒映る新予告編

『キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー』にも出演決定!

アイアンマンとキャプテンアメリカの他にはブラック・ウィドウとホークアイ、ファルコンとスカーレット・ウィッチ、ウォーマシン、バッキーが引き続き登場する『キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー』に、ヴィジョンも引き続き参戦することが明らかにされました!
その他にはアントマンやブラックパンサー、新スパイダーマンの参戦も明らかになっています。

ヴィジョンって?

ヴィジョンはウルトロンがアベンジャーズに対抗するため造り出した人造人間。 人格はワンダーマンというヒーロー(ヴィラン)がモデルである。
アベンジャーズとの戦いの中で人の心を学び、アベンジャーズの仲間となった。
その後、クイックシルバーの猛反対を押し切ってスカーレット・ウィッチと結婚。人造人間には不可能である、「子供をつくる」ということをスカーレットウィッチの現実改変能力によって具現化したことによって双子に恵まれた…ものの、その後は色々あって破壊された後、再生されて精神的に若返り、その双子の生まれ変わりと同じチームのメンバーと恋仲になるなどアメコミらしい混乱の様相を呈している。

スカーレット・ウィッチはX-MEN系統、及びアベンジャ—ズ系統の作品に登場する女性ミュータント。X-MENの宿敵、マグニートーの娘で双子の片割れであり、弟はクイックシルバー。
最初はヴィランとして登場するが、後にヒーローとしてアベンジャ—ズの一員となった。
実写版『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の最後に映った2人がスカーレット・ウィッチとクイックシルバーであるが、大人の事情でミュータントやマグニートーに関連づけることはできないようだ。
コミックではスカーレット・ウィッチが引き起こした事件によって2代目アントマンのスコット・ラング(実写版アントマンの主人公)が死亡したことも。

ヴィジョンの能力

超人的な身体能力を持つことに加え、額のソーラー・ジュエルから得る太陽エネルギーを吸収し、様々な用途に使用する(目から高熱のビームを発射するなど)。
さらに、肉体の分子密度を変更することが可能で、これによって耐久性を増したり、逆に壁などの固形物を通り抜けたりすることもできる。
また、人造人間であるために、自らの聴力を操作して、通常は聞き取れないような小さな音を聞き取ったり、高度な人工頭脳を用いてワイヤレスで他のコンピューターと接続、情報を検索するなどもできる。

ヴィジョンを演じるポール・ベタニーについて

ポール・ベタニー は、イギリス・ロンドン出身の俳優。身長は191cmと高身長である。
祖父母も両親も俳優という演劇一家で育ったが、のちに両親は離婚してしまったため、ポールは16歳で学校を中退し、家を出てストリート・パフォーマーとして活動。19歳から3年間、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのドラマ・センターで演技を学んだ後に、スティーブン・ダルドリーの舞台「インスペクター・コールズ」でウエスト・エンドデビュー。その後ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーで『ジュリアス・シーザー』や『ロミオとジュリエット』の舞台に立った。

関連リンク

1